なるほど・ザ・ブログ

色々な面白くてお役に立つ情報を提供します!

政治

北朝鮮のミサイル(ICBM )実験、日本に落下する可能性あるならどこか?

投稿日:2017年7月7日 更新日:

数ヶ月前までは、北朝鮮とアメリカ開戦の際、米の同盟国である日本にもミサイルが飛んできて落下するか、との懸念が広がりましたが、それは”万一”のことでした。しかし、今はICBM発射実験で日本に落下する可能性が高まっています。日本のどこが危ないのか?




スポンサーリンク

北朝鮮のICBMミサイル発射実験は続き、やがて日本上空を越える可能性

7月4日の北朝鮮のミサイル発射はICBM発射実験だったことが判明し、一気に緊張感が高まりました。その後、アメリカ政府は、北朝鮮のICBMは未完成で、脅威は限定的との認識を表明しました。

しかし、北朝鮮のミサイル技術は急速に進歩してきており、1万キロ以上という米国までの距離の問題はほぼクリアしていると推測されています。


残りの課題は、ICBMをアメリカへ向けて水平方向に発射した場合に、ミサイルの弾頭が大気圏再突入時の入射角度で高温に耐えうるかのデータと、核兵器をICBMに搭載できる状態まで小型化できるか、の2点です。

その課題をクリアするためには、データを取るために、まだまだミサイルの発射実験が必要で、遠からず日本列島を跨ぐ発射がおこなわれる可能性は十分ありそうです。

その際に、失敗が起これば、日本のどこかにミサイルが落下することもありえます。



うがった見方をすれば、アメリカは北朝鮮へのサイバー攻撃をミサイル発射の時にも行っており、それが原因で北朝鮮の実験は度々失敗しているとも言われます。もし、今後日本を跨ぐようなミサイル発射の時に米国がサイバー攻撃をすれば、それが元で日本に落下する危険性もあるかもしれません。




スポンサーリンク

北朝鮮ミサイルが日本に落下するとすれば、どこか?

では、北朝鮮が意図的に日本の領空を侵犯してミサイルを発射した場合、なんらかのトラブルで日本の本土に落下するとすれば、どこに落ちるのか?

この場合は、地形的にほぼ北朝鮮と米国本土を結んだ直線上のどこかという可能性が高いのではないでしょうか?


すなわち、北海道、東北の北部(青森)あたりが危ないと思います。

北朝鮮からすれば、ミサイルを発射できる方角は日本方向しかないでしょうし。また、その向こうにアメリカがあるのですからね。

日本以外の方角は、ロシアや中国の領空を侵すことになってしまいます。



従って、直近の北朝鮮のミサイル開発のスピードからして、今後1,2ヶ月のうちに日本の上空をミサイルがうろつく可能性があると思われます。


ミサイル落下に備え日本政府が直ちにすべきこととは?

北朝鮮のミサイルが日本に落下する可能性が徐々に高まってきている現在、日本政府が取るべき対策・手段は何か?

この点、読売新聞の7月5日の「論点スペシャル」記事内に言及がありましたので、ご紹介しておきます。


①国民保護法に基づく対策の徹底

これは、戦争やテロなどの有事の際に、国民の安全を守るために政府や自治体が取る施策のことです。

J-アラートの放送や、物資の輸送、救急医療体制の整備など、迅速に行えるように体制を点検し、整備を固めることが必要だということです。



②ミサイル防衛態勢の整備

北朝鮮のミサイルが日本上空に飛来した際は、現行では米国艦隊や自衛隊のイージス艦からの迎撃、日本本土からのPAC3による迎撃が予定されています。

これに加え、陸上型のイージスシステム「イージスアショア」の導入が検討されているようです。

この「イージスアショア」を早期に導入すること。それにより、陸海空3自衛隊による統合的なミサイル防衛態勢が整うことになります。


今後の北朝鮮のミサイル発射をアメリカは許さない?

まだ未完成とはいえ、7月4日の北朝鮮のミサイル発射はICBMだったとアメリカは認めました。

そして、ミサイル技術の進歩の速さから、トランプ大統領はアメリカの危険は差し迫っていると考えているハズです。トランプの腹の中では、ICBM完成がレッドラインでしょうから。



これ以上のミサイル発射実験を許すのは、北朝鮮にみすみす凶器の入手を許すようなもの。

従って、もし次のミサイル発射があった場合、トランプ大統領は我慢しないと思います。

中国や韓国もこれまでのような優柔不断な態度は取れないでしょう。



中国は北朝鮮からの難民流入に備え国境付近に軍を配置し、韓国は直ちに「THAAD」(地上配備型ミサイル防衛システム)を配備する。

その上で、北朝鮮の軍事施設に限定的な攻撃をしかけ、軍首脳部への斬首作戦を実行する。

これは可能性としてありえない話ではないと思います。



北朝鮮は、一日でも早く自らの愚行に目覚めて欲しいものですが・・・。




スポンサーリンク


スポンサーリンク

【関連記事】
北朝鮮のミサイル発射(9月15日)の目的はこれか?対抗手段はあるか?

北朝鮮、7/28のICBMミサイル発射で完成間近!米国との戦争いつ起こる?

アメリカの北朝鮮への攻撃はいつ?きっかけ(レッドライン)は?

北朝鮮、ICBMミサイル発射成功、脅威のアメリカどう出る?

北朝鮮のミサイル(ICBM )実験、日本に落下する可能性あるならどこか?

北朝鮮がミサイル発射でJアラート鳴ったら、どう行動すればよい?

朝鮮半島有事目前!?、在韓邦人への帰国・退避命令は5月にも?

8月21日米韓合同軍事演習(UFG)に北朝鮮の挑発=ミサイル発射、核実験あるか?

北朝鮮が6回目核実験(9/3)、いよいよ米朝戦争不可避か?いつ起こる?

-政治

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

クローズアップ現代(8/31)「北朝鮮の内幕、ミサイル発射の行方は」

「クローズアップ現代」(NHK、8月31日放送)で、”北朝鮮・内幕を明かす ミサイル発射の行方は”という特集がありました。8月29日の中距離弾道ミサイル発射の意味や今後の北朝鮮とアメリカの駆け引きの予 …

トランプ氏とロシアとの密接な関係を示唆する極秘文書が露見

13日の日テレ「ミヤネ屋」で、11日(米国時間)に、米国トランプ次期大統領の選挙後初めて開かれた記者会見について、”不都合!?罵倒トランプ砲のワケ”という特集がありました。 スポンサーリンク すでにテ …

NHKスペシャル、スクープ「沖縄と核」沖縄に核ミサイルの基地があった

NHKスペシャル「沖縄と核」(9月10日放送)は、ショッキングなドキュメントでした。NHKが入手した1,500点もの未公開映像・機密文書から、1960年代、世界最大の核拠点となっていた沖縄の危機的実態 …

防毒マスク(サリン対応)への問い合わせ増加、ネット販売で購入も可

朝鮮とアメリカの対立による緊張で、万一戦争になった場合、北朝鮮が日本に向けサリンなどの化学兵器をミサイルに搭載して発射する懸念が広がっています。そのためサリン対応防毒マスクを販売する企業に問い合わせが …

北朝鮮、ICBMミサイル発射成功、脅威のアメリカどう出る?

北朝鮮がアメリカ独立記念日にプレゼントとして発射したミサイルは、ICBMだったと分かり、アメリカの驚愕と新たな怒りを買っている。北のミサイル開発技術の進歩の速さから、米本土へのICBMによる核攻撃の危 …