なるほど・ザ・ブログ

色々な面白くてお役に立つ情報を提供します!

芸能

小林麻央がすがった民間療法とは何?病院の標準治療を拒否のわけは?

投稿日:

小林麻央が癌で亡くなってから2週間あまり。残された海老蔵と子供達に世間の同情が集まっていますが、と同時に、何故小林麻央は助からなかったのか、夫婦が選んだ民間療法で、誤った選択ではなかったのか、という疑問の声も聞かれます。その点も含め、若すぎた麻央さんの死を悼む声が止みません。




スポンサーリンク

小林麻央がすがった民間療法の数々

小林麻央は、死後の数々の報道によると、乳がん発覚時から医療機関との緊密な連携や関係が薄く、適切な検査・治療のタイミングを逃していたように思われます。

そして、その後の海老蔵との夫婦間の合意によるのか、独自のがん治療のため民間療法を渉猟していったようです。



それら民間療法とは一体何だったのか?

週刊誌の報道や小林麻央、海老蔵のブログの投稿などから、かなり多くの民間療法を試みていたことがわかります。


以下、分かっているところを列挙すると、

・気功治療
・針灸治療
・酵素風呂
・ジュースクレンズ
・水素温熱免疫療法

などでしょうか。



いずれも、癌が治ったという例があって取り組み始めたのでしょうが、常識的に見て、それ単独で強敵の癌を倒せるとは思えません。

週刊誌の報道によると、気功治療は、「大きなエネルギーが通る背骨の真中をめがけて、ベッドに仰向けになった患者さんに気功師の掌をかざし、気を通していく」という風な施術らしいです。



針灸治療は、腕のいい鍼灸師なら難病に対しても相当な効果をあげられることもあるが、それ単独で癌を治癒させた例はほぼないハズ。

私の知る例では、高名な鍼灸師が妻の体調不良を治療し続けていたが、ある時、容態が急変してしまったので、病院へ担ぎ込むと末期の大腸ガンで、すでに死の直前のプレショック状態だったということでした。
針灸の腕が良かっただけに、痛みも体の不調もそこそこ抑えることができていたわけですが、癌自体はまったく進行を阻止できていませんでした。



そして、つい先日、無届診療で業務停止命令が出て世間を驚かせた某クリニックがありましたが、そこで小林麻央は「水素温熱免疫療法」を受けていました。

水素関係の医療・美容は、芸能人にファンが多いようですが、癌などの重病のケースでは、慎重になった方がいいようですね。


ジュースクレンズとは、野菜や果物を使ったジュースを食事の代わりに飲む、という健康法です。 おそらく補助的に使っていたのではないでしょうか?

クレンズには洗浄という意味があり、ジュースから栄養を摂取することで胃腸の負担を軽くしたり、デトックス効果が得られるメリットがあるようです。



また、麻央さんのガン治療とは直接関係ないですが、海老蔵は「瀉血療法」もやっていたらしいですね。

瀉血とは、体の中の余分で汚れた血を抜く治療法ですが、針灸治療の一部分であって、長い歴史もあります。大昔はかなりの病気で瀉血療法は効くと考えられていました。

たしか、アメリカでも初代大統領ワシントンの時代は、瀉血療法が盛んに行われていたと思います。

現在では、一応医療行為にあたり、医師以外では瀉血治療を行えません。肝心の効果ですが、肩こり程度なら軽くなる効果はあるでしょうが、重病を治すパワーはありません。




スポンサーリンク

小林麻央&海老蔵が医学的なガンの標準治療を拒んだ訳は?

もし、小林麻央・海老蔵夫婦が医学的な癌の標準治療を拒否していたとするなら、その理由はなんだったんでしょうか?


それについては、『女性セブン』(6/30発売号)に記述があり、

・乳房にメスをいれるというのに大きな抵抗があった
・3人目の妊娠をのぞんでおり、そのため抗がん剤の投与や手術後のホルモン治療などを受けることで今後の妊娠への影響を懸念していた

といのが、医学的な治療を拒んだ主な理由のようです。



いずれも、心情的な問題で、命と天秤にかければ、おのずと正しい答えは得られていたのではと個人的には思います。

単純に考えても、手術で体内の癌細胞を取り去って減らせば、その後どんな治療をしても効果は上げやすかったハズです。


それを癌を放っておいて、非力な効果しか期待できない民間療法に頼るのは無謀でしょう。

最低でも、もっと周囲の分別のある人達に意見を聞いていれば良かったのにと、残念ですね。


小林麻央の死から学ぶ癌治療を受けるための心構え

実は、私の父も60代後半の時に腎臓癌を患い、医学的な治療を完全拒否して民間療法に逃げ、1年もたずに亡くなりました。

何故、病院の治療を拒むのか、その心理はわかりませんが、手術への恐怖や医師に命をコントロールされることへの不信感などがあったのかもしれません。



癌にまつわる治療技術は、正当な医学のみならず、民間療法的な部分でも近年は進歩をとげています。中には、ある程度の確率(再現可能ということ)で癌が治る療法もあるようです。

しかしまだ、死因のトップにある病気ですから、医療機関と途絶して民間療法のみを行うのは、無謀です。



医師に隠して、あるいは、理解のある医師の元で、現代医学の力を借りながら、民間療法を受けるのがまともなやり方でしょう。

小林麻央さんは、ガンの診断があった時に、生検を受けるかセカンドオピニオンを聞き、医学的な標準治療を受けていれば、今頃は復帰してテレビで笑顔を振りまいていたハズです。

芸能界にとって、かけがえのない人を亡くしたと、本当につくづく残念です・・・。




スポンサーリンク


スポンサーリンク

【関連記事】
小林麻央、死去。一昨日急変し、最期は家族に見守られ

小林麻央、顎にがん転移とは!油断ならない末期の予後は?

小林麻央の死、海老蔵の無念から学ぶこと

-芸能

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

日曜もアメトーク、アイス大好き芸人 / この夏食べたい48選

『日曜もアメトーーーク』(テレ朝、8月20日放送)は、”アイス大好き芸人、この夏食べたい48選”という特集でした。アイスが大好きなお笑い芸人達が、アイスの好みやウンチク、美味しい食べ方などを披露してく …

「スーパーサラリーマン 左江内氏」(日テレ・ドラマ)、第一話あらすじと感想

今日から始まった日テレ・ドラマ『スーパーサラリーマン 左江内氏』。第一話を早速見てみました。そのあらすじや感想など、書いてみます。 スポンサーリンク 映画.comより引用 全体のノリは軽い感じで、主演 …

「小さな巨人」(TBS日曜ドラマ)、第1話の感想とネタバレ

TBSドラマ「小さな巨人」の第1話が、今日4月16日にスタートしましたね。その感想と思いついたネタバレなど、このブログで書いてみます。この「小さな巨人」は、警察版『半沢直樹』だとの前評判ですが、果たし …

渡辺直美、体重100キロ超え、BMIは現在41!どこまで太るの?

渡辺直美、ドラマ、CM,バラエティと大人気ですが、体重も気になります。2016年に入って、遂に体重100キロ超え、今年2017年の現在はさらに増えているらしいです。この先渡辺直美はどこまで太るのか? …

A LIFE 第9回の感想、唐突な展開に期待ハズレだな

「A LIFE 」(TBS・日曜劇場、第9話)の感想です。今回のタイトルは、”最終幕!命運を握る最後の選択”でしたが、この選択とは深冬の手術の担当のことでしょうか?でも、最後のどんでん返しで、意味が通 …