なるほど・ザ・ブログ

色々な面白くてお役に立つ情報を提供します!

スポーツ

稀勢の里、名古屋場所3敗目、今度は足に怪我?横綱引退の危機か?

投稿日:

大相撲名古屋場所の5日目、何と稀勢の里3敗目を喫してしまいました。初日から黒星スタートで、嫌な予感はしていましたが、本人の強気に反し、はや3敗め。左腕の怪我はまだ治っていないのか?横綱引退の影もチラついてきたか?




スポンサーリンク

稀勢の里、名古屋場所5日目で、もう3敗めの不調

今日の5日目、これまで負けたことにない勢に、小手投げで土俵下に落とされ、破れた稀勢の里。

土俵下に落ちると、しばらく突っ伏して動けませんでした。引き揚げる花道では左足を引きずり、途中で立ち止まってうつむく場面もありました。

風呂場を出ると何度も「ちっ、ちっ」と舌打ちして悔しさをにじませていたそうです。

支度部屋でも、記者の問いかけには答えらしいものはなかったとか・・・。



気になる左足の状態ですが、もし腱の断裂などの怪我であれば、明日から休場ということもありえますね。

横綱になってから、何となく不運が付きまとう稀勢の里。


まさか引退の危機?短命の横綱で終わるのか?

ファンの私としては、絶好調の白鵬がうらめしいところですが・・・。



稀勢の里、怪我の回復まだ?本当の体調は?

先場所は途中休場して、左腕の治療に専念し、怪我はほぼ万全かと思われましたが、今場所の取り組みを見ていると、何となく精彩がありません。

今日も、負けて花道を帰る時、一瞬ですが、左腕を回して痛みを確認するような仕草を見せましたが、取材のカメラを意識してか、頭に手を持っていって誤魔化したように見えました。



本人の言葉とは裏腹に、左腕と胸の怪我はまだ万全ではない可能性があると思いますね。

稽古では何とかなっているでしょうが、イザ、本番の土俵となると、全力での取り組みになるので、最大限のパワーは出せないのかもしれません。



それで、バランスも崩れ、今日のような土俵下に落ちる態勢だと、さらなる怪我の危険性もでてくるのでしょう。

メンタル面でも、以前のプレッシャーに弱かった時の精神状態に戻ってしまっているのかも・・・。




スポンサーリンク

横綱稀勢の里は、歴代最短の短命に終わってしまうのか?

もし、今場所で足の怪我による途中休場、あるいは負けが込んで途中休場となったら、横綱としての地位に黄色信号が灯るのでしょうか?

横綱が成績不振で勝てなくなった場合(休場が多くなった場合も同じ)、横綱審議会から引退勧告という場合もありえます。



実は過去に、今の稀勢の里の状況に良く似たケースがありました。

それは、現貴乃花部屋の師匠、元横綱・貴乃花光司のケースです。

貴乃花は現役時代、「平成の大横綱」といわれた非常に強い横綱でしたが、引退間際は怪我に苦しみ、周囲からの圧力、怪我を押しての自身による無理な出場など、混乱ともいえる勝負の中で引退に追い込まれた人でした。



その経緯をザッと書いてみると、

・2001年5月場所、武双山戦で土俵際で巻き落としを喰らって右膝半月板を損傷する大けがを負った。

・同場所、怪我を押して出場を続け、優勝決定戦は誰もが武蔵丸の勝利を確信せざるを得なかったが、大方の予想を覆し、武蔵丸を豪快な上手投げで破った。
勝利を決めた直後の鬼の形相と奇跡的な優勝に当時の小泉純一郎首相は表彰式で「痛みに耐えてよく頑張った!感動した!!おめでとう!!!」と貴乃花を賞賛した。

・全休となった2001年(平成13年)7月場所後、大けがをした右膝の半月板を除去する手術をフランスで受けて再起を目指した。しかし2001年7月場所から2002年(平成14年)7月場所まで、1年以上も全ての場所で休場となってしまう。

・2002年(平成14年)9月場所、横審委員会からの勧告もあって、遂に8場所ぶりの出場に踏み切った。

・しかし、翌11月場所は、またも初日から全休することとなる。

・貴乃花最後の場所となった2003年(平成15年)1月場所、8日目の安美錦との一番を最後にその翌9日目でついに現役引退を表明することになった。
(以上、ウィキペディアを参考)



このように、怪我を押しての出場と、その後の休場。そして1年以上もの長い休場。

結果として、怪我の完全回復ならず引退。

今の稀勢の里とよく似た状況、そしてその後の未来が見える気がします。



奇しくも、

貴乃花の引退によりこれ以降番付から日本で生まれ育った横綱が姿を消してしまい、稀勢の里が第72代横綱に昇進するまで、 日本で産まれ育った横綱が一人も誕生しない状態が14年間続いた(ウィキペディアより)。

なんとも皮肉な運命の巡り合わせのように感じます。



貴乃花の二の舞にならないよう、稀勢の里は慎重に判断し、休むべきならしっかり納得いくまで休み、完全復帰して長く横綱として君臨して欲しいものです。



ちなみに、横綱の在位期間の寿命は10年と言われています。横綱になると、どんな強い力士でも10年で衰えるというデータがあるのです。

白鵬は、その寿命がきています。

ゆっくり休んで、怪我を完治させ体調を万全にして復帰すれば、稀勢の里の時代が待っていると思うんですがね・・・^^




スポンサーリンク


スポンサーリンク

【関連記事】
稀勢の里、夏場所(2017年)出場決定、優勝できる?

稀勢の里、日馬富士に敗れ優勝は無理か?左肩のケガは?

稀勢の里、春場所(大阪)で新横綱優勝できる?成績の予想は?

-スポーツ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

大相撲、横綱の給料・年収・待遇など知りたい!(祝、稀勢の里)

大相撲、横綱の給料・年収・退職金・特権など待遇面について、稀勢の里が横綱に昇進したことで、関心が高まっているようです。国技だけあってトップ横綱の収入は凄いですね~!優勝すれば、数千万円単位の話ですから …

稀勢の里優勝、横綱昇進は確実?無理?まだ早い?

稀勢の里は一昨日の優勝に続き、初場所千秋楽の昨日、横綱白鵬に勝ち、横綱昇進(綱取り)の可能性が強くなってきました。果たして、横綱昇進は確実?まだ無理?まだ早い? 目次1 稀勢の里、横綱昇進の条件とは? …

稀勢の里、夏場所(2017年)出場決定、優勝できる?

横綱・稀勢の里が、夏場所(2017年)の出場を決定しました。これで、4横綱揃い踏みの大相撲場所となります。左腕・左胸の怪我の回復がどの程度か、気になるところですが、稀勢の里は果たして夏場所で優勝できる …

稀勢の里、日馬富士に敗れ優勝は無理か?左肩のケガは?

大相撲春場所13日目の24日、12連勝で優勝目指して突っ走っていた新横綱の稀勢の里がついに日馬富士に破れました。しかも、土俵から激しく落下し、左肩を怪我したようで、稀勢の里は苦痛にうめき声を上げていま …

関東のマラソン大会(2017年)でおもしろいのは、「スバルマラソン大会」

2017年もマラソン大会が全国各地で開催されているでしょうが、関東地方のマラソン大会でおもしろいレースが群馬県・太田市で10月に開催予定です。その名は「スバルマラソン」。規定時間内にゴールすると大抽選 …