なるほど・ザ・ブログ

色々な面白くてお役に立つ情報を提供します!

生活

夏休み自由研究、中学の社会では、話題の自動運転をテーマにしては?

投稿日:2017年7月14日 更新日:

夏休みも間近。宿題の自由研究のテーマをそろそろ検討している人もいるのでは?特に中学社会では、今、急速に技術開発が進む車の自動運転が面白いですね。日本車でも自動運転のシステムが実際に搭載され始めています。そこで、夏休みの自由研究に自動運転をテーマに選んでみてはいかがでしょう?

以下、ザックリと自由研究用の項目を並べてみました。




スポンサーリンク

中学・社会科に自動運転を自由研究のテーマにする理由

携帯電話がそうであったように、自動運転システムは、近い将来必ず世界中で普及することが確実な科学技術で、誰もがそのメリットを受けられるものです。

そして、人間が移動するという、極めて根本的な欲求に関わる技術だけに、世の中を大きく変えていく可能性があります。

自動運転は関連する技術や課題となっているテーマも多いので、中学・社会の段階で、このテーマを扱うことは、視野を広げることにもなり、とても有意義だと思います。

まさに、夏休みの自由研究のテーマにピッタリでしょう。


自動運転システムの概要

自動運転とは、どのような仕組みで実現されているのか、その基本的なメカニズムを調べます。

たとえば、高速道路は単純な一方通行なので、その自動運転化は比較的簡単で、日本では一部の車種ではすでに実現していますね。

しかし、市街地で、人通りも多い道路では、自動運転の実現は容易ではありません。

そこでは、自動運転車の周りの状況を把握するために、どんなセンサー技術が必要なのか、さらに詳しく調べてみましょう。




スポンサーリンク

自動運転技術の現状(1)。日本の各メーカーの開発状況

日本でも自動運転の技術開発は、各メーカーが必死で取り組んでいます。

日産は、高速道路の渋滞時で一部自動運転できる機能を持った車をすでに販売しています。

スバルも、自動運転の分野では今や先進メーカーといって良い状況です。

他にも、世界的自動車メーカーのトヨタやホンダも、独自に自動運転技術の開発に取り組んでいます。

日本の代表的なメーカーの開発状況とそれぞれの自動運転技術の特徴をまとめてみてはどうでしょう?


自動運転技術の現状(2)。海外の各メーカーの開発状況

世界の強豪自動車メーカーも、自動運転はかなり技術開発が進んでいます。

日本よりも法律や役所の規制が緩やかな国も多く、それらの国ではどんどん開発が進んでいるようです。

ドイツの、メルセデス、BMW、フォルクスワーゲン、アウディ、などはかなり研究が進んでいると思われます。

また、海外では自動車メーカーに限らず、コンピュータ業界でも自動運転の開発に乗り出しているところもあります。

例えば、グーグル、アップルなどがそうです。

優れたAI(人工知能)技術を持っているので、その強みを生かして、独自に開発を行っています。

それらの状況をまとめてみましょう。


自動運転と法律問題(道路交通法)

日本の道路交通法では、車のドライバーは、自分でハンドルを握って操作しなければいけないことになっています。

自動運転の技術は、実は5段階に分かれていて、レベル1~レベル5まであります。

レベル1は、運転操作の一部だけが自動化されドライバーを助けてくれますが、レベル5では、もはやドライバーはいなくなり、文字通り完全な自動運転となります。

仮に、レベル3あたりの技術が開発されて、ドライバーはハンドルやアクセル、ブレーキの操作をしなくてよくなっても、法律上は、ドライバーはハンドルを握って運転していなければなりません。

それでは自動運転の意味がありませんが・・・。

この自動運転技術の進化と法律の関係も、考えてみてください。


自動運転と事故時の賠償問題

自動運転技術が進み、レベル4あたりの、ドライバーが運転操作からほぼ完全に開放された段階では、万一事故がおこった場合の責任をどうするのか、という大きな問題があります。

そもそも事故の責任を負う時は、ドライバーに故意や過失が必要になりますが、自動運転が進んだ場合は、ドライバーは運転していないので、故意も過失もありません。

その場合に、被害を受けた人は誰に賠償責任を求めればよいのか、という問題です。

これは、かなり難しい問題ですか、大人の意見も聞くなどして、よい案を考えてみてはどうでしょう?


自動運転の未来。レベル5が実現した世界とは?

自動運転技術が究極に進化すると、もはやドライバーは不要で、車が勝手に安全に走ってくれるようになります。

そのような未来はどんな世界になっているでしょうか?

どのように便利になるのか、ドライバーがいないということは、バスやタクシーの運転手もいなくなり、工事現場のクレーンやブルドーザーも自動化されているでしょう。

公共交通機関があまりに便利になって、各家庭で自動車を持つ必要もなくなっているかもしれません。

自動車は売られていても、それを買う人はずっと少なくなっているかもしれません。

すると、自動車にかかる大きな費用がなくなり、生活にも変化があるでしょう。

自動車産業は大きな業界なので、それが変化すると世の中も大きな影響をうけるのです。

そのような未来の姿を、できるだけ想像力豊かに考えて、この自由研究のまとめとして独自性を出してみてください。




スポンサーリンク


スポンサーリンク

【関連記事】
スバルの自動運転レベル2(アイサイトver.4)の技術とは?

自動運転車の実用化はいつ?政府目標の2020年に公道を走っているか?

自動運転で事故った時の賠償責任は誰が負う?

自動運転、なぜ動く?自動運転車の仕組みや社会への影響がわかる本の紹介

アップル、自動運転撤退せず開発再スタートか?日本車にも搭載の可能性?

夏休みの自由研究は、話題の将棋をテーマにしては?

夏休み自由研究(中学・社会科)では、人工知能(AI)をテーマにしては?

夏休みの中学・理科の自由研究は、「再生可能エネルギー」をテーマにしては?

夏休みの中学・理科の自由研究は、「地球温暖化」をテーマにしては?

夏休みの自由研究、中学社会科はボランティア活動をテーマにしては?

夏休みの自由研究、中学理科には「宇宙エレベーター」はいかが?

夏休みの自由研究、中学高校・社会は、人口減少をテーマにしては?

-生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ガッテン、交通事故の謎。追突・逆走・ブレーキアクセル踏み違い

「ガッテン」(NHK、4月26日放送)、今回は”謎!交通事故のミステリー、追突、逆走、踏み違い”という、交通事故の特集でした。 ゴールデンウィーク中の交通事故は毎年1万件起き、高速道路の逆走は2日に1 …

緑のカーテン、おすすめの植物はホップ!初心者でもカンタン

初夏が近づき、緑のカーテンの準備を考えている人も多いのでは?おすすめの植物はいろいろあるでしょうが、私のおすすめの緑のカーテンは「ホップ」です。初心者でも簡単に成育させられますし、意外性があって話題に …

苦難を乗り越える方法、その力になる言葉など、ご紹介

人生は苦難の連続。特に社会人になってからはそう感じる人が多いハズ。苦難を乗り越える方法はあるのか?苦難を乗り越える言葉を知りたい人、その力(ちから)を身につけたい人に、私の知っていることをご参考までに …

ゴールデンウィークの穴場、群馬や関東近辺のスポット情報

もうすぐゴールデンウィーク。関東にお住まいの方、2017年のGWは、群馬や関東近辺の穴場のスポットにご旅行されてはいかがでしょう。もちろん日帰りどらいぶもOK。旅行サイトを参考に、群馬を中心にゴールデ …

「ガッテン」(NHK)、トマト選び自由自在/冬が旬

「ガッテン」(NHK、1月18日)は、『冬が旬、トマト選び自由自在』という特集でした。トマトは、冬は夏の1,5倍も味が濃く、冬野菜の王様といえるほど旬の野菜だそうです。トマトの甘みや旨みが出来る理由、 …