なるほど・ザ・ブログ

色々な面白くてお役に立つ情報を提供します!

政治

8月21日米韓合同軍事演習(UFG)に北朝鮮の挑発=ミサイル発射、核実験あるか?

投稿日:2017年8月22日 更新日:

8月21日から始まった米韓合同軍事演習(UFG)。その内容には、金正恩ら北朝鮮首脳部への斬首作戦も含まれることから、早速北朝鮮(金正恩)は激しく反発している。ミサイル発射や核実験など挑発行動はあるのか?




スポンサーリンク

8月21日からの米韓合同軍事演習(UFG)の内容は?

21日から31日まで行われる米韓合同軍事演習「乙支フリーダムガーディアン」は、コンピューターを駆使したシミュレーションの演習が主体だが、米韓合わせて7万人近くが参加する訓練で、実戦部隊の演習もある。

原子力空母2隻のほか、原子力潜水艦、揚陸艦、イージス艦、ステルス戦闘機、戦略爆撃機など今年春の合同演習を上回る戦力を投入する可能性もあるというが、22日現在では、空母やB1戦略爆撃機の投入は未定のようだ。

今回の米韓合同軍事演習の具体的内容は、「作戦計画5015」と呼ばれるもので、①前面戦争②局地戦③核ミサイル防御とミサイル基地などへの先制攻撃④金正恩や首脳部への斬首作戦

などからなる。

また、この種の軍事演習には前例がない、米軍の2人の軍司令官(米太平洋軍司令官ハリス氏、戦略軍司令官ハイテン氏)の参加に加え、核戦略を担当する米ミサイル防衛局のブリーブス局長も視察のため韓国入りしているなどの強硬姿勢が見られる。

これは、日韓の不安感を払拭するため、「米国への攻撃は絶対に許さない」という北朝鮮への断固たる意思表示の現れ、と見られる。




スポンサーリンク

8月21日からの米韓合同軍事演習(UFG)に北朝鮮(金正恩)は何を恐れる?

昨年春の米韓合同演習には特殊部隊『グリーンベレー』や『ネイビーシールズ』が参加した。恐らく、米軍は今回も特殊部隊を投入すると思われる。

自分の暗殺作戦がすぐ傍で2週間近くも続くわけですから、金正恩は精神的に相当動揺するハズ。

それで、米韓の行動を柔らげようと、「米国の行動を見守る」と宣言したのか?

さらに、戦略爆撃機B1にも神経を尖らせている。

B1はグァムを飛び立ち、約2時間で朝鮮半島に到達できる。ステルス性能に優れているので、北朝鮮に察知されないうちに目標を精密攻撃できる。

大量の爆弾やミサイルを搭載可能なので、北朝鮮にとってはかなりの脅威。

北朝鮮の核ミサイル施設や首都ピョンヤンに壊滅的な打撃を与え、金正恩の隠れ家も狙い撃ちできるらしい。

ところで、今回の軍事演習に対し北朝鮮の反応として、労働新聞は、
「米国の敵視政策と核の威嚇が続く限り、核武力強化の道から一寸たりとも退かない」と書いている。


米韓合同軍事演習(UFG)に北朝鮮がミサイル発射や核実験の挑発行為ある?

北朝鮮は、過去、米韓合同軍事演習に合わせて軍事挑発を繰り返してきており、今回も激しく反発し、威嚇の動画も公開しているので、何らかの挑発行為にでる可能性も高いと思われる。

(直近の北朝鮮の挑発行動)
・2016年3月の演習 —– 弾道ミサイルを相次いで発射

・2016年8月 —– SLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)を発射

・2017年3月 —– 弾道ミサイルを発射

今回はグアムへのミサイル攻撃宣言があった後の軍事演習で、米国は訓練といいながら、北朝鮮の万一の動きには即応態勢で臨んでいるだろうから、金正恩もうかつな挑発行動は取れないとの見方がある。

しかし、北朝鮮問題の専門家によれば、”北朝鮮はICBM,SLBMを完成させるまでは、ミサイル発射実験、核実験を止めないだろうし、交渉のテーブルにつくのはその後になるだろう”ということのようだ。

従って、31日まで続く軍事演習の間に、また北朝鮮の挑発行為が起こる可能性は高いと思われる。




スポンサーリンク


スポンサーリンク

【関連記事】
北朝鮮のミサイル(ICBM )実験、日本に落下する可能性あるならどこか?

北朝鮮、ICBMミサイル発射成功、脅威のアメリカどう出る?

北朝鮮がミサイル発射でJアラート鳴ったら、どう行動すればよい?

アメリカの北朝鮮への攻撃はいつ?きっかけ(レッドライン)は?

朝鮮半島有事目前!?、在韓邦人への帰国・退避命令は5月にも?

北朝鮮、7/28のICBMミサイル発射で完成間近!米国との戦争いつ起こる?

北朝鮮が6回目核実験(9/3)、いよいよ米朝戦争不可避か?いつ起こる?

-政治

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

トランプ氏とロシアとの密接な関係を示唆する極秘文書が露見

13日の日テレ「ミヤネ屋」で、11日(米国時間)に、米国トランプ次期大統領の選挙後初めて開かれた記者会見について、”不都合!?罵倒トランプ砲のワケ”という特集がありました。 スポンサーリンク すでにテ …

NHKスペシャル、スクープ「沖縄と核」沖縄に核ミサイルの基地があった

NHKスペシャル「沖縄と核」(9月10日放送)は、ショッキングなドキュメントでした。NHKが入手した1,500点もの未公開映像・機密文書から、1960年代、世界最大の核拠点となっていた沖縄の危機的実態 …

アメリカの北朝鮮への攻撃はいつ?きっかけ(レッドライン)は?

アメリカの北朝鮮への圧力が日増しに強まり、緊張が限界に達しようとしています。アメリカの北朝鮮攻撃はいつか? 今日4月12日の日テレ「ミヤネ屋」では、”もしも米国が北朝鮮を攻撃したら 緊迫のシュミレーシ …

米朝戦争開戦はあるか?北朝鮮のグアム攻撃警告の本気度は?

北朝鮮がグアム沖にミサイル発射と警告、緊張がマックスにまで高まっている。アメリカが先制攻撃に出て米朝戦争開戦となるのか?日本上空を飛んで日本への危険度はどうなのか? スポンサーリンク 目次1 米朝開戦 …

北朝鮮、7/28のICBMミサイル発射で完成間近!米国との戦争いつ起こる?

北朝鮮が7月28日夜間にICBMミサイル「火星14号」の2回目の発射実験を強行。一気に米国との戦争の危機が高まった。戦争はいつ起こるのか? 今回のICBM発射は、通常角度なら射程1万キロを超える可能性 …