なるほど・ザ・ブログ

色々な面白くてお役に立つ情報を提供します!

生活

所さん!大変ですよ(NHK)/ 幸福な老後術(第二の人生満おじさん)

投稿日:

所さん!大変ですよ」(NHK、8月24日)は、『幸福な老後術』をテーマに、”第二の人生満喫おじさん特集”ということで、定年や転職で第二の人生を頑張る3人のおじさんの仕事や生活ぶりを紹介しました。




スポンサーリンク

苗場のリゾートマンションを定年後に2部屋購入したおじさんの第二の人生満喫術

まず最初は、定年後にスキーリゾートで有名な新潟県・苗場のリゾートマンションを2部屋も購入し、スキー&ゴルフ三昧の生活を送るAさんを紹介しました。

苗場は、かつてのバブル時代、東京などから年間300万人もの人が訪れたリゾート地で、当時は高級マンションの建設が相次いだ土地でした。


しかし、リーマンショック後は、マンション価格は暴落、今では空き部屋だらけのマンションになってしまっています。

そのため、マンション価格は激安で、Aさんも、

・2DKの部屋 —- 60万円(発売当時は2,300万円)
・1Kの部屋 —- 10万円(〃1,800万円)

という価格で購入しました。



何故、Aさんは苗場にマンションの部屋を2つも購入したのか?

Aさんは、バブル当時、横浜市の水道局に勤務していましたが、苗場に来るたびに高級リゾートマンションが目に留まり、「すごいなぁ!」と憧れていましたが、所詮は高嶺の花でした。

それがバブルが弾けて、自分でも手の届く価格になったので、夢をかなえることができたのでした。


今では、働く妻を神奈川に一人残して移住し、冬はスキー、夏はゴルフの生活を満喫しているそうです。
奥さんは、定年後は夫に好きなことをさせてあげたいと、応援しているそうです。

離れていても夫婦円満で、今の方がお互いを思いやれる関係になっているとか。



あるデータによると、幸福度の高い夫婦の習慣として、

1位:相手を尊重する、思いやる
2位:一緒にご飯を食べる
3位:できるだけ会話をする

という結果になっているそうですよ。




スポンサーリンク

脱サラでパン屋を開業したおじさんの第二の人生満喫術

次は、脱サラしてパン屋を開業したBさんのケースです。以前、番組で紹介したことのある人のようでした。

30年以上勤めた産業用ロボットを作る会社を53歳の時早期退職し、定年のない仕事をやりたいと思ってはじめたそうです。



徹底的にマニュアル化された製造方法を学ぶことで、5日間の修行で開業できるシステムがあるらしいですが、それを利用してパン屋を始めた方です。

Bさんは、昨年の12月に開業し、オープン初日は700個作ったパンが完売するほどの盛況でした。



しかし、その後半年経って、客足がだんだん減ってきているという状況のようでした。脱サラ後に始めて訪れた危機でした。

ひどい時は、1日の売り上げが30%も落ち込み、50個以上も売れ残ることもあったそうな。

実は開業後一度もメニューの変更を行っていなかったので、売り上げ増対策として、新メニューを投入する計画を立てました。



さらに、ここで助っ人として、かつて「とんこつラーメン」ブームを作りだした川原ひろしさんが、応援にかけつけました。

川原さんがパンを試食すると、味は悪くないという感想でした。

そこで、開店中の様子を見てみると、どうもBさんの接客が上手くないということに気づきました。店の奥の厨房に入ったきりで、中からかける「ありがとうございました」という声もお客さんに届いていませんでした。

川原さんによれば、経営が軌道に乗ればのるほど、真摯にお客さんに向き合うことが必要で、「お客さんが自分の店に来てくれるのは奇跡だ」くらいに思わないといけないとか。



そして、7月某日、新メニューデビューの日。

Bさんは川原さんのアドバイスを受けて、積極的にお客さんに声をかけたかいもあってか、37個の新商品は完売。その日1日の売り上げも7月のトップとなりました。

めでたし、めでたし、でしたね。

スタジオに出演の脳科学者によれば、「ありがとう」という感謝の言葉は脳にもよい作用をし、感謝の気持ちをもっている人は長生きをするそうですよ。


軽トラ生活を始めたおじさんの第二の人生満喫術

最後は、広島県三次市で、軽トラ生活をするCさんです。この方も以前に番組に登場したことがある人でした。

Cさんは、軽トラの荷台のわずか1,6畳ほどのスペースに手作りの小屋を設置して暮しています。

27年間いた自衛隊を辞め、3年前にその生活を始めました。



果たして、現在も軽トラで生活をしているのか?

スタッフが訪れると、Cさんは何と、90坪の土地付き一戸建てを購入して、そこで生活していました・・・・。

そこは、築140年の古民家で、150万円で購入したそうです。



周りには田んぼがあり、家には「いろり」もあって、自分なりの豊かで幸せな生活を突き詰めたらそこになったとか。

ゆくゆくはエネルギーの全てを自然から作り出す江戸時代のような生活を目指すそうです。

来年の春には、ご両親も同居する計画になっているそうです。

それはそれで、面白そうですよね^^。




スポンサーリンク


スポンサーリンク

【関連記事】
所さん!大変ですよ 「世にも奇妙な像の謎」、巨大鬼ママが色っぽい?

-生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

夏休み自由研究、中学の社会では、話題の自動運転をテーマにしては?

夏休みも間近。宿題の自由研究のテーマをそろそろ検討している人もいるのでは?特に中学の社会では、今、急速に技術開発が進む車の自動運転が面白いですね。日本車でも自動運転のシステムが実際に搭載され始めていま …

夏休みの自由研究、中学高校・社会は、人口減少をテーマにしては?

少し重いテーマですが、夏休みの中学・高校の社会科の自由研究に「日本の人口減少問題」を選んでみてはいかがでしょう?今の中学高校生は、人口減少社会の中で、社会を担っていく存在です。リアルな問題だけに、イン …

ビジネスホテルの上手な選び方を知って出張を快適に

最近、ビジネスホテルは大手チェーンの競合が激しく、各ホテルとも快適性や利便性を追求しています。そんなビジネスホテルの上手な選び方を考えてみましょう。明日からの出張が快適になるヒントがありますよ。 スポ …

ホワイトデーのお返し 職場なら金額はどれくらい?

ホワイトデーのお返しって、職場の場合、金額的に相場はどれくらいでしょうか?ネットのアンケート等では、職場のお返しは、義理で100円~500円が金額的に妥当な相場のようです。ホワイトデーはバレンタインデ …

炊飯器3合、2017年おすすめ最新機種はこれだ!

炊飯器の3合炊きタイプに、2017年初頭、早くもおすすめの最新型が登場しました。 炊飯器は小家族化のせいか、近年3合タイプが人気です。家電メーカーも3合炊きの炊飯器には力を入れていて種類も多いですが、 …