なるほど・ザ・ブログ

色々な面白くてお役に立つ情報を提供します!

健康・美容

NHKスペシャル、血圧サージが危ない!血圧急変動で脳卒中、心臓病、認知症に

投稿日:2017年10月31日 更新日:

NHKスペシャル(2017年10月29日放送)で、『血圧サージが危ない!』という特集がありました。気づかないうちに血圧の急激な変動(突然の急な高血圧状態)が起こる血圧サージの人が増えていて、それが繰り返されると、脳卒中や心筋梗塞、認知症などの危険があるというのです。




スポンサーリンク

「血圧サージ」とは何か?日本人の間でどれだけ広がっているのか?

「血圧サージ」とは、本人に自覚がないにもかかわらず、瞬間的に血圧(収縮期=最高血圧)が高くなる現象のことです。

血圧は普段の日常生活の中で、緩やかに上下の変動をしていますが、それがある時突然に急上昇することがあるという現象が多くの人に起こっていることが分かってきました。

このように急激な血圧の変動(上昇)が繰り返されると、血管(動脈)はその度に伸びたり縮んだりし、やがてダメージを受け、動脈硬化へとつながっていきます。

最終的には、脳卒中、心臓病になったり、また認知症のリスクも高まることが分かってきているということです。



家庭で測る血圧が、上(最高血圧)が135以上になると、高血圧症ということになります。

普段の最高血圧が130以下など正常の場合でも、急に135を超えることがある場合は、「血圧サージ」の状態で、注意が必要となるわけです。

また、元々高血圧症の人の場合は、血圧サージが起こっていると、より深刻な事態になりかねませんので、さらに注意が必要です。



ところで、血圧サージの人は、どれくらいいるのでしょうか?(広がっているのか?)

正常血圧の健康人でも、およそ900万人が血圧サージであると推定されています。

NHKスペシャルでは、20~60代の血圧が正常な男女80人に集まってもらい、1日だけ、昼・夜・翌朝の3回血圧を測ってもらう実験をしました。

すると、1回でも最高血圧が135を超えた人は25人もいました。

お笑い芸人の小島よしおさんも参加しましたが、小島さんは昼の営業の後に測ると、何と、血圧計で165という高い数値が出ていました。
本人は普段は血圧は正常で、検診でも異常はないということでしたが・・・。

以上から、本人も知らぬ間に高血圧状態になっている人は、意外に多いということが分かりました。




スポンサーリンク

血圧サージは、なぜ起こるのか?

血圧サージは、なぜ起こるのでしょうか?

血圧サージで高血圧状態が起こるのは、「交感神経」(自律神経)に原因があります。

血圧サージで高血圧になるのは、朝方が多いのですが、これは朝起きた時に交感神経が異常に働きすぎている(過敏)からと考えられています。

正常でも朝方は交感神経が活発になる時間帯ですが、それが過剰な状態になっているということです。

そして、日中は血圧(最高血圧)はやや下がった状態に落ち着きますが、夜寝る前になっても交感神経の活動が収まらないと、再び血圧が上昇してしまうことになります。



交感神経が過敏になる要因は、

・加齢、・肥満、・塩分、・飲酒、・タバコ、・ストレス、

などが挙げられます。

血圧サージは、これらの要因による交感神経の過敏という前提条件があって、さらに何らかの「引き金」があると、なりやすくなると言われています。

その引き金とは、

・力仕事、・コーヒー、・トイレ、・冷水で洗顔、・冷たい床、・会議、・月曜日、・ダッシュによる筋トレ、・タバコ、・気温が低い、・医師の診察、・飛び起きる、・くしゃみや咳、・怒り、・降圧剤の切れ目、

などです。



●血圧サージの調べ方

自分が血圧サージに当たるかどうかを調べる方法ですが、普通の人は朝方に異常が起きやすいので、朝方の血圧チェックをします。

朝起きてすぐではなく、トイレや洗顔などして、これから朝食といった、起床から少し活動したタイミングで血圧を測ります。血圧測定自体は、呼吸を整え、落ち着いた状態の正しい方法で行います。

この朝方の血圧測定で、上が135をちょくちょく超えるようだと、要注意だということです。5日間測って最高血圧の高低の差が20以上あったら、血圧変動しやすい(血圧サージ)体質だと考えた方がいいようです。

具体的には週に4日以上変動があったら、血圧サージを疑ってよいそうです。


血圧サージを繰り返すと、何が起こるのか?(どんな病気になるのか?)

実際に、血圧サージ状態だと、何が起こるのでしょうか?つまり、どんな病気になる危険があるのでしょうか?

この点について、番組では、ある男性Aさん(39歳、建設作業員)を取材しました。

Aさんは健康な状態でしたが、2年前突然に、眠気がきて足がもつれ、ほとんど動けない状態になりました。そして救急車で病院に運ばれる途中で意識を失いました。

脳卒中でした。

4日後に意識を取り戻し、一命は取りとめましたが、後遺症が残り、右手の握力は以前の1/3になってしまいました。

Aさんの健診結果では、血圧、血糖、コレステロールなどは問題ありませんでしたが、その後の調査で、日中は血圧は120台でしたが、寝る前は135、就寝中は血圧サージを繰り返し、最高は197まで上昇していました。

この夜間の高血圧の背景には、睡眠時無呼吸症群も影響していたそうですが・・・。



さらに、血圧サージによるもう一つのリスクとして、「認知症」が挙げられます。

血圧サージが少ない人に対し、多い人は認知機能の低下が1,5倍になったというデータがあります。

脳内の小さな血管が多数損傷し、脳細胞の死が多数箇所で起こっていたためです。

血圧サージで、これらの変性が気づかないうちに、長い時間をかけて起こることがわかってきたのです。

血圧サージが起こるのを防ぐ対策は?

血圧サージを防ぐ対策として、番組では以下の2つの方法を紹介しました。

①自宅で血圧を測る

ただ、”自宅で血圧を測る習慣をつける”、ということです。

日々血圧を測っていると、血圧サージ(血圧の急上昇)は、その回数が減っていきます。

これは、何をしたら血圧が高くなるかが自然と分かってくるからです。

< 気づき >ですね。

そして、上述の「引き金」の解消にも繋がっていきます。

②握る(ハンドグリップ法)

これはスキーのストックの握り部分のような形をしている専用マシンを、全力の30%ほどの力で握ることで血圧が上昇し、脳が血圧が上がりすぎていると判断して、交感神経の働きを抑え、その結果血圧が下がるという、血圧サージ用の訓練です。

カナダで開発され、行われているトレーニング法らしいです。

このハンドグリップ法を行い、2ヶ月半で血圧サージが半分以下になったケースもあるということです。

このハンドグリップ法は、専用マシンがなくとも、タオルで代用できます。

名づけて、『タオルグリップ法』です。

番組で検証したところ、12人中10人で血圧サージが改善されたという結果も出ています。



【タオルグリップ法のやり方】
①フェイスタオルなどを縦長に丸め、握って親指と他の指がつかない程度の太さにします。

②このタオルを2分間握ります。これで全力の30%ほどの掴み方になるらしいです。

③これを左右の手で、2回ずつ、計4回行います。

④一日おきに4週間行います。

コツは、リラックスして行うということだそうです。

血圧サージが心配な方、どうぞお試し下さい。




スポンサーリンク


スポンサーリンク

【関連記事】
NHKスペシャル「人体」、寿命を決めるのは腎臓だった=長寿のカギ

NHKスペシャル「人体」、脂肪と筋肉が命を守る/糖尿病・メタボ撃退!

NHKスペシャル、長周期パルスの衝撃 / 都市直下地震、新たな脅威

NHKスペシャル、スーパー台風日本にも、異常気象・予測不能の恐怖

NHKスペシャル、スクープ「沖縄と核」沖縄に核ミサイルの基地があった

NHKスペシャル「藤井聡太、秘蔵映像で迫る素顔」(7/8)、強さの秘密を解明!

NHKスペシャル「驚異の人工知能 2017 」、羽生善治も脱帽

-健康・美容

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ガッテン、デルタパワーで血糖値が下がる(新薬による熟睡効果)

「ガッテン」(NHK,2017年2月22日)は、”血糖値を下げるデルタパワーの謎”という糖尿病治療に関するテーマでした。デルタパワーとは、今医学界が注目する糖尿病の新たな治療法で、「ガッテン」が取材し …

夏の果物は栄養豊富な赤肉メロン!夏バテに、GABAも充分!

夏の果物といえば、スイカや夏みかん、ももなどが人気ですが、実はメロンが栄養豊富でおすすめなんです!くだものの中でもちょっと価格が高めなのが難点ですが、特に「赤肉メロン」が栄養の点で夏の健康維持に効果バ …

5月病、治し方を知って事前の対策を心がけよう

5月病の治し方は、基本的な生活の見直しが主な方法といえそうです。 5月は新生活が始まって、通勤や通学にストレスが出始める時期。ゴールデンウィークをキッカケに、心身の失調から5月病になる可能性も。まずは …

転倒防止に高齢者でも簡単に取り組める運動はコレ!

高齢者になると、ちょっとした段差でつまずいたりして転倒する危険性が増しますね。転倒防止というと、まず脚の筋肉を鍛える運動を思い浮かべますが、実は足の指の力も大事なんだそうです。高齢者の転倒防止に足指の …

ストレスで不調が続く(胃腸、不眠等の症状)人を「C-23ガセリ菌」が救う!?

仕事や人間関係のストレスで不調が続くと、胃腸を壊したり、不眠など睡眠障害の症状で悩む人が増えています。そんなストレスに弱い人に、あのカルピスが発見した乳酸菌がよい作用があるんです。そんな頼もしい乳酸菌 …