なるほど・ザ・ブログ

色々な面白くてお役に立つ情報を提供します!

社会・経済

ロボットの進歩が凄い!人間の仕事がなくなる将来は近い!?

投稿日:2017年11月22日 更新日:

最新ロボットの進歩は予想外に早く、細かな速い動きを安定してこなせるレベルになっています。人間の仕事なくなる将来はすぐそこです。ロボットに将来、仕事を奪われないように気をつけましょう。

ロボットの進歩は予想以上に早かった!

11月22日放送の、NHK『探検バクモン』=”AI?人工知能先端研究センター”を見ていたら、ロボットも進歩しているようなので、それ関連のサイトを検索していたら、面白い動画を見つけました。

ロボットがバク転をしていました(驚)

このロボットを作ったのは、アメリカの国防総省の支援を受け、開発を進めてきたアメリカのベンチャー企業『ボストン・ダイナミクス社』。

なんと、日本の「ソフトバンクグループ」が傘下に収める予定だそうです。

同社は、AIの分野では高い技術を持っていますが、ロボットの二足歩行など、動作の技術では遅れをとっているため、ボストン・ダイナミクスの技術を取り入れる計画のようです。

国防総省が支援した企業の技術を、丸ごと買い取ってしまおうという孫正義さんはさすがに辣腕ですね。

・【ガチで凄い】これが世界の最新ロボットだ!

他にも、世界中でロボット研究は長足の進歩を遂げていました。驚きです。

以上の2つの動画から、

・細かい関節の動きが可能になっている
・動きのスピードも速い
・絶妙なバランス感覚を持っている
・鳥のように自らの羽で飛ぶことができる
・ガンダムやマジンガーZのような人と一体化した巨大ロボットも夢ではなさそう
・すでに盲導犬の代わりも勤まりそうなレベル

など、最新のロボット研究は驚異的な進歩を遂げていました。

ロボットの進化により、人間の仕事がなくなる将来はすぐそこか?

つい最近、りそなホールディングスがAI技術などの導入により、数千人に登る大幅人員削減計画を発表したように、将来予測を重視する企業は、すでに人間の仕事で、人工知能やロボットで代替できるものはドンドンそれらに変えていこうとしています。

科学技術は企業活動に絡むと競争原理が働くので、専門家などの予想よりも早く進歩して社会に浸透していくものですね。

ロボット(AIも)の進化によって、人間の仕事がなくなるのは、近い将来ではなく、もう一部ではすでに始まっているのです。

上の動画でわかるように、アメリカの「ボストン・ダイナミクス」の人型ロボットなどは単純労働なら、人間より速くミスなくやれそうです。

宅配便の荷物の仕分けなど物流関係、介護の現場(抱きかかえなど要介護者の移動だけでなく、もう少しの進歩でオムツ交換など排泄物の世話や入浴補助もできそう)、建築現場(重量物の運搬や単純作業など)などの仕事は、あと数年でロボットの得意分野になっているかもしれません。

そういった分野で、ロボットに仕事を奪われない人は、特別に高度な技術をもったわずかな人だけになるかもしれませんね。

人間の仕事がなくなる将来は、もはや規定の事実になっているように思えます・・・^^;

AIとロボットが人間のレベルに近づくための課題は?

人工知能(AI)そのものにしろ、AIを搭載したロボットにしろ、自立して人間のパートナー的存在になるためには、まだまだ課題はたくさんあるようです。

冒頭のNHKの番組「探検バクモン」の中で、ある研究者が、”AIは社会性を身につけるのが難しい”という課題を指摘していました。

現在、AIは「私」、「他人」という概念を持てません。機械的に対象物を認識できても、その認識している主体の自覚がないわけです。

それがないと、社会性というものがなく、小学2,3年生レベルまでも到達できないそうです。

よく、「人工知能が感情をもったら」という仮定の議論がありますが、その感情が湧く源泉がなければ、そういう現象は起こりえないでしょうから、データの寄せ集めで学習機能を身につけたAIではなく、自立したAIとそれを搭載したロボットの登場はそれこそまだまだ遠い将来なのでしょう。

【関連記事】
会話ロボットが進化!メーカー、価格、最新ペットロボット情報

人工知能の進歩で将来、人間の仕事が奪われる?

自動運転、なぜ動く?自動運転車の仕組みや社会への影響がわかる本の紹介

-社会・経済

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

日産セレナのプロパイロットで事故。自動運転支援機能搭載車で全国初の事故

日産の自動運転機能搭載のセレナで、運転支援機能搭載車では全国初の交通事故が起きていたことがわかりました。 スポンサーリンク 事故が起きたのは、昨年2016年の11月27日午後4時50分ごろ。 セレナの …

プレミアムフライデーは消費拡大の日?イオン、JTBなど何をする?

プレミアムフライデーが2月の下旬24日から始まりますが、それに合わせて政府や経団連など経済界は着々と準備を始めています。イオンは去年から参加を表明し、JTBなど旅行社も企画を打ち出しています。プレミア …

自動運転、なぜ動く?自動運転車の仕組みや社会への影響がわかる本の紹介

自動運転車の開発が世界中の自動車メーカーやIT企業で進んでいます。2020年頃の近未来には自動運転は部分的に実現しているでしょう。そこで、そもそも、”自動運転って、なぜ動くのか”を知っておくのも、常識 …

自動運転車の実用化はいつ?政府目標の2020年に公道を走っているか?

自動運転車の実用化への動きが活発化しています。完全自動運転車実用化はいつなのか?政府が目標とする東京オリンピック開催年の2020年に間に合うのか?自動運転の4段階レベルの「レベル2」はすでに実用化され …

北朝鮮がミサイル発射でJアラート鳴ったら、どう行動すればよい?

北朝鮮とアメリカの間の軍事的緊張が高まっています。アメリカが攻撃に出て日本へ北朝鮮からのミサイルが発射された有事の際、「Jアラート」で警報が一斉に国民に送られるそうですが、我々はどうすればいいのでしょ …