なるほど・ザ・ブログ

色々な面白くてお役に立つ情報を提供します!

健康・美容

花粉症は突然治ることがある!その理由は?病気のせい?薬?

投稿日:2017年2月6日 更新日:

花粉症は、突然治ることがあります。私もそうでした。理由は人によりいろいろだと思います。医学の常識では、花粉症はアレルギー疾患なので、自然に治ることはないと断言しますが、西洋医学は完璧な科学ではないので、例外はたくさんあるのです。花粉症が自然に治ることについてちょっと考えてみましょう。




スポンサーリンク

花粉症は突然治る!~私の経験

私は現在50代。花粉症になったのは、はるか昔の中学生の時でした。鼻水、目の痒みが主な症状でした。当時はまだ花粉症の人は今のように多くなく、耳鼻科の治療や花粉症グッズも発達していなかった記憶があります。

私の花粉症は2,3年続いたと思いますが、虚弱体質で健康問題に興味があったので、近くの薬局で漢方薬を買って試しました。そこの薬剤師に勧められたのがたしか「小青龍湯(しょうせいりゅうとう)」だったと思います。鼻水が多かったためでしょう。

その後もいくつかの薬局やら医院で漢方薬を求め、1,2年はシーズンごとに漢方薬を飲んでいました。

そして、高校を卒業するころには、花粉症のことはすっかり忘れていました。

花粉症は治っていました。

自分の花粉症が治った理由は、たぶん漢方薬だったと思います。他には特に対策はしていませんでしたから。

漢方薬で花粉症は治ると思いますね。



花粉症は治るのは何故?~その理由

私の場合は、(たぶん)漢方薬で花粉症が治りましたが、では誰でもそれで治るかというと、必ずしも治らないでしょう。

漢方はキチンと漢方理論に則って診断した上で薬を処方しないと、なかなか効果はでないものですから。漢方の勉強もしない医者が、「この症状はツムラの○番ね」とやっても、そう上手くは行かないのです。

葛根湯の場合は守備範囲が広いので、偶然に効くこともあるかもしれませんけどね。

私の場合も、漢方のプロに処方してもらったわけではなかったので、偶然だったと思います。

肝心なのは、花粉症を治すために、『何かを一定期間、一定量やったから』ではないでしょうか?

漢方だけでなく、食事療法でも、ヨーグルトでも、ヨガでも、気功、鼻うがい、水泳、乾布摩擦、瞑想、運動療法、あん摩、針灸、なんでもいいですが、体に変化を与えることを一定期間、ある程度のボリュームを行うと、やっぱり体質が変化して、花粉症は治ることがあるのではないでしょうか?

ネットでいろいろ調べると、花粉症が突然治る人は案外多く、それらの人は、ただ単に医者にかかっただけとか、薬を使ってただけという人ではなく、何かをやってた(花粉症のためでなく他の目的の場合も多いです)人だったみたいでした。

体質の変化(または改善)といっても、大きく変化(改善)させる必要はなく、僅かの変化でも治ることもあるでしょう。

だから、引越しするだけで花粉症が治る人もいます。花粉の飛ばない地域に引越したというのでなく、隣町に引っ越すだけで治った人も多いようでした。

そして、「突然治ってもそれは一時的で、いつまた再発する」と医者は言いますが、私が調べた範囲では、突然また再発した人というのは、極くわずかでした。

突然治った人は、ほぼずっと治ったままです。私もそうですが。

花粉症は、ちょっとしたキッカケで突然治ることがあります。精神的な影響も大きいかもしれません。

腰痛の大半がストレス等精神的な要因によるものだ、というのが最近の医学常識になっているように、花粉症もその類の病気の可能性があるのかも。

なんせ、患者が多すぎますからね。腰痛も同じでしょ。




スポンサーリンク

花粉症は減感作療法で治る

花粉症が突然に治ることについて調べていて、治った人の中で、

「花粉を毎年吸い続けたことで、気づかないうちに『減感作療法』をやっていたのかも?」

と言ったひとがいました。

花粉症が突然治ることを医学的に説明しようとすれば、この考え方が当てはまるのではないでしょうか?

花粉の飛散量は毎年異なるので、ある年(またはある地域)に飛散量が少なく、その後数年に渡って徐々に花粉が増えていった場合は、体内に徐々に花粉が入っていくことになり、減感作療法と似た現象が起るのかもしれません。

そこに、なんらかの+アルファの要因が加われば(例えば、スポーツジムに通い始めたとか、趣味に没頭してストレスが少なくなった等)、花粉症は治ってしまうことも十分ありえるでしょう。

医学的にも、減感作療法は花粉症に効果の高い治療法とされていますから、多少時間がかかりますが、医療機関でこの治療を受けるのもいいと思います。

減感作療法について(ウィキペディア)



まとめ

花粉症は、実際は単純なアレルギー疾患ではないかもしれません。

治すために何でもいいから、一定期間前向きに取り組めば、心身に変化が起こり、突然治ることは十分あると思います。

悲観的にならず、少しゆったりした気分で、何かに取り組んでみてはどうでしょうか?

【関連記事】
あさイチ、アカモク海藻で花粉症のくしゃみ・鼻水が止まる!?




スポンサーリンク

-健康・美容
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ガッテン、デルタパワーで血糖値が下がる(新薬による熟睡効果)

「ガッテン」(NHK,2017年2月22日)は、”血糖値を下げるデルタパワーの謎”という糖尿病治療に関するテーマでした。デルタパワーとは、今医学界が注目する糖尿病の新たな治療法で、「ガッテン」が取材し …

ブドウの栄養成分は種類で違う!健康への効果効能を種類別に説明

果物が美味しい秋。ぶどうの栄養成分は健康にとてもよい効果・効能があることをご存知ですか?主要成分のポリフェノールも種類が多いですが、健康効果の特徴を知ってぶどうを楽しみましょう。 尚、この記事を書くに …

ガッテン、アルツハイマー病認知症予防SP / 脳のゴミ捨て&食事で予防

「ガッテン」(NHK、5月17日放送)は、”認知症予防法SP”特集で、世界の研究者が始めた予防法を紹介しました。現在の日本では高齢者の4人に1人が認知症を患い、その7割はアルツハイマー病です。このアル …

アーモンドミルクの効果は、便秘や糖尿病、肌の健康など凄かった!

アーモンドの健康効果がTVなどで紹介され、人気ですね。それを飲料にしたアーモンドミルクがよく売れているそうです。アーモンドは栄養の宝庫で、便秘や糖尿病など多くの効果が確認されています。手軽に飲めるアー …

デパスの副作用と依存症(習慣性)、高齢者はここが危ない

今年(2017年)4月に厚労省が発表した『医薬品・医療機器等安全性情報』に、デパスを含む多くの向精神薬や催眠鎮静剤の副作用情報や使用上の注意が掲載されていたということです。高齢者の人口が増えるにつれ、 …