なるほど・ザ・ブログ

色々な面白くてお役に立つ情報を提供します!

健康・美容

ガッテン、デルタパワーで血糖値が下がる(新薬による熟睡効果)

投稿日:2017年2月22日 更新日:

ガッテン」(NHK,2017年2月22日)は、”血糖値を下げるデルタパワーの謎”という糖尿病治療に関するテーマでした。デルタパワーとは、今医学界が注目する糖尿病の新たな治療法で、「ガッテン」が取材した大阪市立大学医学部病院でも、デルタパワーを出す新薬で糖尿病の治療に当たっています。



スポンサーリンク

血糖値を下げるデルタパワーとは?

今回の「ガッテン」が注目した『デルタパワー』とは、果たして何なんでしょうか?

デルタパワーとは、脳波の一種、「デルタ波」の作用のことです。熟睡時にのみ出る波形の山の大きな脳波です。この脳波が出ている時は、多少の物音がしても起きないほど熟睡している状態です。

最近の睡眠薬の新薬の中に、このデルタ波を増やす作用のあるものが登場し、血糖値改善=糖尿病治療に効果を上げているということです。


睡眠薬でデルタパワーをアップすれば、糖尿病を治療(改善)できる

糖尿病を睡眠の質の点から見ると、以下のような悪循環に陥っていることが
わかります。

血糖値上昇⇒交感神経の緊張⇒熟睡できない⇒ストレスホルモンが出る
⇒血糖値さらに上昇⇒交感神経さらに緊張

この負のサイクルを、新薬の睡眠薬で熟睡できるように(デルタパワーアップ=デルタ波増加)して断ち切れば、よい循環が生まれて、糖尿病は改善することになるのです。

前出の大阪市立大学病院のある患者さんは、従来の糖尿病の治療で効果が出ず、血糖値の平均が140ありましたが、新薬の睡眠薬を服用したところ、112にまで下がりました。

デルタパワーの指標も、609⇒1168とアップしていました。




スポンサーリンク

熟睡できる睡眠薬の新薬とは?

従来の睡眠薬は、脳の機能全体を抑える作用をするので、昼間眠気を催したりする難点がありましたが、新薬の睡眠薬は、脳の睡眠ホルモンだけに効果が上がるように作られていますので、上手い具合にデルタ波を増やし熟睡できるようになっています。

今回の「ガッテン」では、2種類の新薬が紹介されました。

・オレキシン受容体拮抗薬 — 2014年発売

・メラトニン受容体作動薬 — 2010年発売

この新薬で、熟睡できるようになれば、ストレスホルモンが減り、血糖値の改善が期待できることになるわけです。

ちなみに、糖尿病の人は、自分が熟睡できてないとは自覚していない場合も多く、ちゃんと眠れていると思っているそうです。

また、この熟睡と糖尿病の関係をまだ知らない医師もいるので、治療効果の上がっていない人は、睡眠にも詳しい医師に相談するとよいということでした。


糖尿病にならない(予防できる)理想の睡眠時間とは?

「ガッテン」が、糖尿病と睡眠時間との関係を調べようと、洞窟の中に小屋を作って眠る実験をしたところ、睡眠に最適な環境を整えると、必要平均睡眠時間は平均8、5時間だとわかりました(若い男性がモデル)。

また、同種の世界的な実験結果では、7,5時間でしたが、日本政府も行った最新の同様の実験では「ガッテン」と同じ8,5時間でした。

そして、糖尿病に関係するインスリン分泌能は、

・睡眠7,5時間 —- 62,3
・睡眠8,5時間 —- 73

となり、8,5時間寝る方が糖尿病になりにくいことがデータ的に分りました。

ちなみに、日本人の平均睡眠時間は7,15時間で、世界の中でも低い方でした。
これが、日本に糖尿病が多い一因なのかもしれません(「ガッテン」ではそうは言っていませんでしたが)。

尚、寝る前の夜食は、デルタ波の出現が少なくなり、熟睡できないので、NGだそうです。寝る3時間前には食べないようにしましょう。

【ガッテンの他記事】
ガッテン、「睡眠薬で糖尿病治療」放送に、医学界・厚労省から抗議や注意

ガッテン、健康で長寿のカギが見えた / 健康長寿の秘訣とは?

ガッテン、交通事故の謎。追突・逆走・ブレーキアクセル踏み違い




スポンサーリンク


スポンサーリンク

-健康・美容
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

イボ痔(痔核)の手術は後遺症の危険も。経験豊富な病院を選ぶべし

イボ痔など痔疾患は、命には関わらないものの、憂鬱で不快な症状ですね。ひどくなれば手術が必要ですが、場合により後遺症が残るリスクもあります。イボ痔の手術で後遺症を回避するには、経験豊富な病院を選ぶことで …

マインドフルネスの効果は美容でも実感できる!実践向けの本紹介も

「マインドフルネス」という脳に働きかける心身の健康法が話題です。最近の脳の健康ブームの流れでしょうか。いくら休んでも疲れが取れない、やる気が出ない、などのストレスがらみの不調は脳の疲労が原因かも?マイ …

夏、冷房の冷えで、だるい等の自律神経失調の対策は?

猛暑日が多い近年の夏は、外気と冷房の部屋との温度差が大きく、体がだるいなど冷えによる自律神経失調になりがち。冷房を上手に使うと、体の冷えも改善され、体調不良も改善されますよ。 スポンサーリンク 目次1 …

ブドウの栄養成分は種類で違う!健康への効果効能を種類別に説明

果物が美味しい秋。ぶどうの栄養成分は健康にとてもよい効果・効能があることをご存知ですか?主要成分のポリフェノールも種類が多いですが、健康効果の特徴を知ってぶどうを楽しみましょう。 尚、この記事を書くに …

歯みがき粉の高いやつが人気。高機能1本千円以上はザラです!

健康ブームは当然歯の健康にも及び、歯みがき粉も1本千円以上もする高いやつが人気となっているとか。高齢社会で、年を取ってもキレイな歯でいたいというニーズの高まりが背景にあるらしい。某アンケートでは、効果 …