なるほど・ザ・ブログ

色々な面白くてお役に立つ情報を提供します!

健康・美容

ガッテン、デルタパワーで血糖値が下がる(新薬による熟睡効果)

投稿日:2017年2月22日 更新日:

ガッテン」(NHK,2017年2月22日)は、”血糖値を下げるデルタパワーの謎”という糖尿病治療に関するテーマでした。デルタパワーとは、今医学界が注目する糖尿病の新たな治療法で、「ガッテン」が取材した大阪市立大学医学部病院でも、デルタパワーを出す新薬で糖尿病の治療に当たっています。



スポンサーリンク

血糖値を下げるデルタパワーとは?

今回の「ガッテン」が注目した『デルタパワー』とは、果たして何なんでしょうか?

デルタパワーとは、脳波の一種、「デルタ波」の作用のことです。熟睡時にのみ出る波形の山の大きな脳波です。この脳波が出ている時は、多少の物音がしても起きないほど熟睡している状態です。

最近の睡眠薬の新薬の中に、このデルタ波を増やす作用のあるものが登場し、血糖値改善=糖尿病治療に効果を上げているということです。


睡眠薬でデルタパワーをアップすれば、糖尿病を治療(改善)できる

糖尿病を睡眠の質の点から見ると、以下のような悪循環に陥っていることが
わかります。

血糖値上昇⇒交感神経の緊張⇒熟睡できない⇒ストレスホルモンが出る
⇒血糖値さらに上昇⇒交感神経さらに緊張

この負のサイクルを、新薬の睡眠薬で熟睡できるように(デルタパワーアップ=デルタ波増加)して断ち切れば、よい循環が生まれて、糖尿病は改善することになるのです。

前出の大阪市立大学病院のある患者さんは、従来の糖尿病の治療で効果が出ず、血糖値の平均が140ありましたが、新薬の睡眠薬を服用したところ、112にまで下がりました。

デルタパワーの指標も、609⇒1168とアップしていました。




スポンサーリンク

熟睡できる睡眠薬の新薬とは?

従来の睡眠薬は、脳の機能全体を抑える作用をするので、昼間眠気を催したりする難点がありましたが、新薬の睡眠薬は、脳の睡眠ホルモンだけに効果が上がるように作られていますので、上手い具合にデルタ波を増やし熟睡できるようになっています。

今回の「ガッテン」では、2種類の新薬が紹介されました。

・オレキシン受容体拮抗薬 — 2014年発売

・メラトニン受容体作動薬 — 2010年発売

この新薬で、熟睡できるようになれば、ストレスホルモンが減り、血糖値の改善が期待できることになるわけです。

ちなみに、糖尿病の人は、自分が熟睡できてないとは自覚していない場合も多く、ちゃんと眠れていると思っているそうです。

また、この熟睡と糖尿病の関係をまだ知らない医師もいるので、治療効果の上がっていない人は、睡眠にも詳しい医師に相談するとよいということでした。


糖尿病にならない(予防できる)理想の睡眠時間とは?

「ガッテン」が、糖尿病と睡眠時間との関係を調べようと、洞窟の中に小屋を作って眠る実験をしたところ、睡眠に最適な環境を整えると、必要平均睡眠時間は平均8、5時間だとわかりました(若い男性がモデル)。

また、同種の世界的な実験結果では、7,5時間でしたが、日本政府も行った最新の同様の実験では「ガッテン」と同じ8,5時間でした。

そして、糖尿病に関係するインスリン分泌能は、

・睡眠7,5時間 —- 62,3
・睡眠8,5時間 —- 73

となり、8,5時間寝る方が糖尿病になりにくいことがデータ的に分りました。

ちなみに、日本人の平均睡眠時間は7,15時間で、世界の中でも低い方でした。
これが、日本に糖尿病が多い一因なのかもしれません(「ガッテン」ではそうは言っていませんでしたが)。

尚、寝る前の夜食は、デルタ波の出現が少なくなり、熟睡できないので、NGだそうです。寝る3時間前には食べないようにしましょう。

【ガッテンの他記事】
ガッテン、「睡眠薬で糖尿病治療」放送に、医学界・厚労省から抗議や注意

ガッテン、健康で長寿のカギが見えた / 健康長寿の秘訣とは?

ガッテン、交通事故の謎。追突・逆走・ブレーキアクセル踏み違い




スポンサーリンク


スポンサーリンク

-健康・美容
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スマホ老眼対策、手軽な目薬、サプリ、マッサージなどどうですか?

スマホを長時間使用する人が増え、目のピントが合いにくくなる「スマホ老眼」が増えているらしいですね。重症の場合は眼科など医療機関の診断を受けた方がいいですが、自分でできる対策もあり、マッサージ(動画あり …

世界一受けたい授業(4/1)、キラーストレス対策に「コーピング」

「世界一受けたい授業」(日テレ、4月1日)は、春の特番で、”4月1日新生活を応援。今日から変われるコト、ベスト20を大発表!!”という特集でした。その中で、最新ストレス対策として『キラーストレス対策』 …

カロリーゼロ飲料(人工甘味料飲料)の飲みすぎは、やっぱり危険?

カロリーゼロ飲料が大人気ですが、その甘み成分の人工甘味料の取りすぎ(飲みすぎ)の危険性が指摘されてきましたね。特保(トクホ)のメッツやペプシの人工甘味料のアスパルテームなどは発がん性が疑われているとか …

伊達マスクの心理は実は危険!マスク依存症になるかも?

伊達マスクが激増中!でもその心理は危険かも。エスカレートして「伊達マスク依存症」の危険も。なぜ、伊達マスクの人が増えているのでしょうか?その理由や心理状態について考えてみましょう。若者のSNS志向と伊 …

高齢者が脱水を起こしやすい理由7つと、おすすめ水分補給方法!

高齢者は熱中症対策で、水分補給の必要性が言われますが、それに限らず水分不足で脱水に陥る危険が高齢者には常にあります。脱水になりやすい理由を理解し、脱水による認知症に注意しましょう。おすすめの水分補給法 …