なるほど・ザ・ブログ

色々な面白くてお役に立つ情報を提供します!

健康・美容

花粉症の鼻炎は漢方薬で。効き目が口コミで好評なのは「ホノビエン」

投稿日:

花粉症の季節、鼻炎症状(鼻水、鼻づまり、くしゃみなど)には漢方薬がおすすめです。体質に合えば、効き目は確かで早く、副作用も少ないメリットがあります。口コミでも効き目がよいと好評な花粉症の漢方薬「ホノビエン」をご紹介します。



花粉症の鼻炎に、症状を楽にしながら体質も改善してくれる漢方薬「ホノビエン」

「ホノビエン錠」(第2類医薬品)は、アレルギー性鼻炎、急性鼻炎などにおけるくしゃみ、鼻水、鼻づまりなどのつらい症状に効き目を発揮するよう考えられた、生薬配合の鼻炎用内服薬です。

つまり、正確には、花粉症状を起こす体の中の色々な原因を取り除いていく6種の漢方製剤と、鼻水を効果的に抑える1つの西洋薬成分を合わせた、漢方配合薬で、厳密には漢方成分のみの漢方薬ではありません。

ですから、いわば漢方的鼻炎薬といったところです。

【第2類医薬品】【3月25日までポイント5倍】【あす楽17時まで】【おまけ付き♪】即出荷!生薬配合鼻炎薬剤盛堂薬品ホノミ漢方・ホノビエン錠deux(ホノビエンドゥ)300錠【ドラッグピュア楽天市場店】【RCP】



「ホノビエン錠」の特長は、

”副交感神経遮断薬・交感神経興奮薬を含まない生薬配合薬”という点です。

ホノビエン錠はアレルギー性鼻炎に伴って起こる鼻の症状を改善する生薬を中心に鼻炎のつらい症状をすばやく鎮めるために、マレイン酸クロルフェニラミンを含む形をとっています。

副交感神経遮断薬や、交感神経興奮薬を一切配合しないので、体に優しい効き目で作用します。

細辛(サイシン)、甘草(カンゾウ)、白し(ビャクシ)、荊芥(ケイガイ)、辛夷(シンイ)、生姜(ショウキョウ)の6種の生薬配合です。

「生姜・甘草」には胃腸機能を盛んにする働きがあり、胃腸にやさしい薬といえます。


花粉症の漢方薬「ホノビエン」は、副作用も少ない

現在の市販アレルギー性鼻炎の薬の多くは、

副交感神経遮断薬である、ベラドンナ総アルカロイドという成分
⇒(副作用)口渇や便秘、眼圧上昇、排尿困難など起こす可能性あり

交感神経興奮薬である塩酸プソイドエフェドリンや、塩酸フェニレフリンなど⇒血圧上昇や、心悸亢進、胃腸障害など起こすことがあり、、血圧の高い人や心臓に障害のある人、胃弱な人、高齢者には注意が必要。

という副作用があります。

また、市販の薬は今ある症状を一時的に抑え、短期的使用するものばかりです。

一方、アレルギー性鼻炎によく用いられる有名な漢方薬の『小青竜湯』も「麻黄」を含み、その交感神経興奮作用によって、体力のない虚弱者には不向きな漢方薬です。
⇒心臓の弱い人、胃弱者、高血圧症、虚弱な汗かき者には不向き 

漢方薬なら、誰でも飲めるというわけではないのです。


花粉症の漢方薬「ホノビエン」の効き目についての口コミ

花粉症の漢方薬「ホノビエン」は、その確かな効き目が口コミでも好評です。

以下に2,3の口コミを紹介しておきます。

【花粉症に悩まされており、色んなものに手を出しましたが、花粉症によるくしゃみ鼻水ノドの痛みなど和らげてくれます。市販薬では喉の渇きや眠けになりますが、ホノビエンは優しく効くようです。これほど効果のあったものはありません。
抗ヒスタミン系の薬にありがちな副作用(眠気、喉の渇き、微熱)などがホノビエンには全くありません。~途中略~
この薬に、ものすごく助けてもらった。これは私にはすごく効きました。】

【秋の花粉症
毎年稲刈り前のこの時期になるとイネ科の植物に反応するようで、くしゃみ&鼻水に起床直後から悩まされます。この商品はぴたっと止まるというわけではないのですが、抗ヒスタミン剤のように眠気や頭から鼻までがぼんやりして思考が働かないという不快な副作用もなく、気楽に使えます。】

【2本目です。漢方なので眠気ものどの渇きもなく今年は楽に過ごせています。ほんとうにこの薬とであえてよかったです。】

花粉症の鼻炎症状は漢方薬の「ホノビエン」が、効き目も確かで体に優しく、体質改善もしてくれるので、おすすめですよ。




スポンサーリンク

-健康・美容
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

夏、冷房の冷えで、だるい等の自律神経失調の対策は?

猛暑日が多い近年の夏は、外気と冷房の部屋との温度差が大きく、体がだるいなど冷えによる自律神経失調になりがち。冷房を上手に使うと、体の冷えも改善され、体調不良も改善されますよ。 スポンサーリンク 目次1 …

歯みがき粉の高いやつが人気。高機能1本千円以上はザラです!

健康ブームは当然歯の健康にも及び、歯みがき粉も1本千円以上もする高いやつが人気となっているとか。高齢社会で、年を取ってもキレイな歯でいたいというニーズの高まりが背景にあるらしい。某アンケートでは、効果 …

イボ痔(痔核)の手術は後遺症の危険も。経験豊富な病院を選ぶべし

イボ痔など痔疾患は、命には関わらないものの、憂鬱で不快な症状ですね。ひどくなれば手術が必要ですが、場合により後遺症が残るリスクもあります。イボ痔の手術で後遺症を回避するには、経験豊富な病院を選ぶことで …

医療費控除の特例で市販薬も対象に、マークで確認しよう

医療費控除は世帯家族が1年間10万円の医療費自己負担額を超えると、税金の還付や減税が受けられる制度です。その特例として、2017年1月から新たに外箱にマークの付いた市販薬もセルフメディケーション税制と …

世界一受けたい授業、今からやるべき花粉症対策2017

「世界一受けたい授業」(1月28日)の中で、”今からやるべき花粉症対策 / 花粉症の新常識2017”という授業がありました。これで今年は花粉症の症状が軽くなるという対策法を、薬の飲み方・使い方、おすす …