なるほど・ザ・ブログ

色々な面白くてお役に立つ情報を提供します!

社会・経済

自動運転車、マツダの開発状況は?アテンザ、CX-5の搭載技術を見てみる

投稿日:2017年3月20日 更新日:

自動運転車の開発を国産メーカーが急ぐ中、マツダの自動運転車技術の情報はあまり目立ちません。マツダの自動運転車開発はどうなっているのか?「レベル2」まで行っているのか?自社開発が可能なのか?他メーカーに遅れる心配はないのでしょうか?




スポンサーリンク

マツダは、安易に便利さや快適さの自動運転を追及せず、安全性を重視

国内・海外の有力自動車メーカーは、自動運転車の開発にしのぎを削っていますが、日本国内メーカーでは、日産、トヨタ、スバル、ホンダは、マスコミでも自動運転技術を取り上げていますが、マツダについては今ひとつ、自動運転車の開発姿勢が鮮明ではありません。

2020年頃には、自動運転車が街中を走り始めることが予想されるので、その開発に乗り遅れると、経営的にも非常に不利な立場になる恐れがあります。

携帯電話が、その便利さから急速に普及したように、自動運転車も販売が始まれば、必ず主流になっていくと思われますので、その早期の開発は必須でしょう。

この点、マツダは自動運転にはどちらかというと否定的なスタンスのようです。

あくまでも、”走る楽しさ”を大切にしたいと、自動運転に関しては、「人馬一体型自動運転」というポリシーで行くそうです。
完全自動運転(レベル4)は目指さず、車の運転を人と機械で共有する程度に抑えようという計画なのかもしれません。

それはそれで、一つの選択だと思いますが、世の中の流れが完全自動運転に勢いずいた場合、販売面で遅れをとらなければいいと思います。

また、安全性については積極的に開発を行っているようで、安全性の面での自動運転は否定していません。




スポンサーリンク

マツダの現段階で自動運転に繋がる実車搭載技術

マツダは、自動運転車に消極的といっても、安全性やドライバーの負担軽減に繋がる技術は、他メーカーに劣らず、シッカリしたものを開発しています。

その中から、アテンザ搭載のもので将来的に自動運転に使えるものをピックアップしてみましょう。

①レーンキープ・アシスト・システム(LAS)
約60km/h以上で走行中、フロントガラスに設置したカメラで車線の区画線を認識し、車線を逸脱しないようにステアリングをアシストする機能

②マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)
ミリ波レーダーで先行車との速度差や車間距離を認識、先行車との車間を
維持しながら追従走行を可能にする機能。CX-5では、全車速追従機能付
=0~100km/hまでの速度域で追従走行に。

③アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンスト SCBS)
先行車や前方の歩行者をカメラで検知し、ブレーキを自動制御して衝突回避をサポート。

④スマート・シティ・ブレーキ・サポート[後退時](SCBS R)
後退時に超音波センサーで障害物を検知。ブレーキを自動制御して衝突回避をサポート。

などとなっています。

これらのシッカリした技術があるので、それらを組み合わせて協調させれば、自動運転は「レベル2」くらいまでは直ぐにでも可能ではないかと思われますが。


マツダが実現目標を公表した自動運転機能は「緊急停止」

マツダが自動運転に言及した中で、取りあえず将来的に導入を発表したのが、「緊急停止機能」です。

平成32年以降の実現を目指すとしています。

てんかんの発作や心疾患、脳血管疾患など急病発生で運転ができなくなった場合に、システムが自動運転機能を作動させ、自動運転で減速、側道などへ安全に停止させる技術です。

確か、スバルなど他メーカーでも実験には成功している技術ですね。

平成32年というと、他メーカーでは、日産は交差点を含む一般道での自動運転の実用化を目指しており、トヨタ自動車やホンダ、富士重工業は高速道路で車線変更も可能な技術を導入する方針ですので、かなり開発が進んでいる状況です。

マツダも時流を見逃さず、自動運転車の開発を着実に進めていって欲しいと思います。

【関連記事】
スバルの自動運転レベル2(アイサイトver.4)の技術とは?

自動ブレーキを比較、輸入車&国産(日産、スバル)

自動運転、高速道一部実用化の日本初は日産。スバルと比較すると?

自動運転車の実用化はいつ?政府目標の2020年に公道を走っているか?

日産セレナのプロパイロットで事故。自動運転支援機能搭載車で全国初の事故

自動運転で事故った時の賠償責任は誰が負う?

完全自動運転車(レベル4)のデメリットを考えてみる




スポンサーリンク

-社会・経済
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ヤマト、宅配便運賃送料値上げの理由は?値上げはいくら?

ヤマト運輸が宅配便(宅急便)運賃送料の値上げを検討しています。その理由は、ネット通販の荷物の急増でドライバー不足が深刻化しているためです。値上げ幅がいくらになるのか気になりますね。また、ドライバー不足 …

自動運転車の実用化はいつ?政府目標の2020年に公道を走っているか?

自動運転車の実用化への動きが活発化しています。完全自動運転車実用化はいつなのか?政府が目標とする東京オリンピック開催年の2020年に間に合うのか?自動運転の4段階レベルの「レベル2」はすでに実用化され …

5G=次世代通信方式、いつから実用化?au 、ソフトバンク、ドコモの戦略は?

5G(次世代通信方式)の話題が最近、ネットやテレビ、新聞などでチラホラと聞かれるようになってきました。5Gの高速通信はいつから実用化するのか、我々の生活はどう変化するのか、問題点はないのか、など次世代 …

自動運転で事故った時の賠償責任は誰が負う?

自動運転の車は、着実に開発が進んでいて、すでに日産はレベル2段階の市販車「セレナ」を投入しています。やがては、スバルもアイサイト4で追随するでしょう。しかし、自動運転での事故の時の責任の問題はどうなる …

会話ロボットが進化!メーカー、価格、最新ペットロボット情報

会話ロボットが人工知能の進化に伴って、会話能力など機能が向上し、ますます面白くなって多くのメーカーから販売されるようになってきました。 このページでは、会話ロボット(おもちゃ含む)の有名機種、メーカー …