なるほど・ザ・ブログ

色々な面白くてお役に立つ情報を提供します!

社会・経済

日産セレナのプロパイロットで事故。自動運転支援機能搭載車で全国初の事故

投稿日:2017年4月14日 更新日:

日産の自動運転機能搭載のセレナで、運転支援機能搭載車では全国初の交通事故が起きていたことがわかりました。




スポンサーリンク

事故が起きたのは、昨年2016年の11月27日午後4時50分ごろ。

セレナの試乗客に、日産の営業所の社員が同乗していて、クルーズコントロール機能の『プロパイロット』をONにし、信号待ちで停車中の前方車に近づいた時、「本来はここでブレーキですが、踏むのを我慢してください」とそのまま走行させ、セレナは止まらず追突したというものです。

販売店の社員は業務上過失傷害容疑で、試乗していた客は自動車運転処罰法違反(過失傷害)で書類送検されました。

尚、セレナの試乗車自体には故障や異常などは無かったということです。

販売店側の自動運転(運転支援機能)への認識不足で、セレナのプロパイロットに初めての事故を起こさせ、システムに泥を塗ってしまった格好です。

この販売店社員は、過去に一般道でプロパイロットを機能させ、前車に自動停止した経験があったので、今回も試乗者に同様のパフォーマンスを体験させたかったらしいですが、事故の日は、夜間で雨が降っており、追突された車は黒色だったという悪条件が重なったため、対向車の前照灯など道路環境や天候が重なり、自動ブレーキも作動しないまま追突したと見られています。

客には、「時速40キロの設定速度で進行すると停止車両を検知し自動停止する」と説明していたそうです。

確かに、天候や時間帯など条件が良好であれば、市街地で「プロパイロット」をONにして走行しても、停止車両に接近すれば、その段階でエマージェンシーブレーキが作動し、試乗車のセレナは止まったでしょう。

しかし、この販売店社員は2つの認識の誤りがありました。

・「プロパイロット」は高速道路での渋滞時にドライバーの負担を減らすもの。
・「エマージェンシーブレーキ」は、天候や路面状況によって作動しない危険があること。

夜間で雨、しかも停止していた車が黒色だったというのは、条件が悪すぎでしょう。

自動運転システムは、まだ未成熟な技術で、複雑な面もありますから、正確な理解は販売店レベルでは必ずしもできていない場合もあるのかもしれませんね。

今後は、自動運転車の試乗では、お客の側もある程度は知識をつけて、事故を起こさないように気をつける必要がありそうです。

【関連記事】
スバルの自動運転レベル2(アイサイトver.4)の技術とは?

自動運転、高速道一部実用化の日本初は日産。スバルと比較すると?

自動運転で事故った時の賠償責任は誰が負う?

日産リーフ、9/6モデルチェンジ!自動運転プロパイロット、航続距離に注目

自動ブレーキを比較、輸入車&国産(日産、スバル)




スポンサーリンク


スポンサーリンク

-社会・経済
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

自動運転車、マツダの開発状況は?アテンザ、CX-5の搭載技術を見てみる

自動運転車の開発を国産メーカーが急ぐ中、マツダの自動運転車技術の情報はあまり目立ちません。マツダの自動運転車開発はどうなっているのか?「レベル2」まで行っているのか?自社開発が可能なのか?他メーカーに …

アウディA8、自動運転で世界初のレベル3車を販売。ハンドル離して運転!

ドイツのアウディ社は、7月11日にフラッグシップモデル「アウディA8」の新型モデルを発表。世界初の自動運転レベル3の市販車となります。いよいよハンドルから手を離して運転する自動運転車が登場します! ス …

会話ロボットが進化!メーカー、価格、最新ペットロボット情報

会話ロボットが人工知能の進化に伴って、会話能力など機能が向上し、ますます面白くなって多くのメーカーから販売されるようになってきました。 このページでは、会話ロボット(おもちゃ含む)の有名機種、メーカー …

自動運転車の故障時の危険回避プログラム(トロッコ問題)どうする?

自動運転は自動化の段階があり、人間が一切運転に関与しないレベル4では、たぶんAI(人工知能)が総合的に自動車を制御すると思われます。その能力は高度でしょうが、機械であるからには故障や誤作動もありえます …

沖縄・暴行動画、いじめを教育委会がやっと認める

沖縄の中学男子生徒の暴行動画(被害生徒が同級生の男子から暴行を受けている様子を撮影した動画)がインターネット上で拡散していることが30日に判明、衝撃が広がっています。TVでこの沖縄の暴行動画を見ました …