なるほど・ザ・ブログ

色々な面白くてお役に立つ情報を提供します!

健康・美容

エナジードリンク、飲みすぎの副作用、太る・睡眠障害・肝臓障害etc、危険の理由は?

投稿日:2017年4月22日 更新日:

エナジードリンク(栄養ドリンク)の消費が伸びていて、嵌る若い人も多いようです。例えば「モンスターエナジー」はアメリカ、日本の双方で大ヒットです。その一方で、エナジードリンクの過剰摂取による副作用も懸念されていますね。太る、睡眠障害、内臓障害などの危険も指摘されています。副作用の危険やその理由(飲みすぎはよくない成分)など見てみましょう。


エナジードリンクとは?その分類と種類

まず、「エナジードリンク」とは、どんな飲み物でしょうか?

一般に、肉体疲労・病中病後・食欲不振・栄養障害などの場合の栄養補給に適しているとされる飲料のことを言うようですが、大きく2つに分類され、多くの種類があります。

●薬事法の規制を受けるもの
医薬品(第2類もしくは第3類医薬品)・医薬部外品(指定医薬部外品)の指定を受けているもの

ユンケルシリーズ・ハイトスシリーズ・黄帝酒(佐藤製薬)
リゲインシリーズ(第一三共ヘルスケア)
リポビタンD(大正製薬)
アリナミンドリンクシリーズ・ハイシードリンクシリーズ (武田薬品工業)
エスカップ・エスタック滋養内服液(エスエス製薬)
グロンサン・新グロモント
ピップ内服液
サロンパス内服液
宇津こどもドリンクA

など。他、多数の種類あり。

●清涼飲料水・炭酸飲料として売られているもの

オロナミンCドリンク
タフマンシリーズ(ヤクルト本社)
リアルゴールド
ヘパリーゼW
眠眠打破・強強打破
ローヤルゴールド
レッドブル
ロックスター
モンスターエナジー

など。他多数の種類あり。

尚、この記事では、後者の清涼飲料のタイプを念頭においています。




スポンサーリンク

エナジードリンクの太る等の副作用が問題の成分と、危険な理由は?

最近、エナジードリンクの飲みすぎ(過剰摂取)について警鐘を鳴らすネット記事があり、それを参考にこの記事は書いています。

[参考]
・米軍が警告「エナジードリンクに健康リスク」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170422-00021836-president-bus_all&p=2

エナジードリンクの飲みすぎによる副作用(健康リスク)には、”太る”といった外見上の問題の他に、糖尿病、心血管疾患のリスクの上昇、肝臓への脂肪沈着、急性アレルギーアナフィラキシーショック発症などがあります。

さらにカフェインによる大きな心身への悪影響も考えられます。

上記サイト記事の健康リスクを箇条書きにしてみると、

【リスク1:タウリンの効果】
⇒タウリンは精神と肉体の両面の能力を高めると飲料メーカーは主張しているが、その神経内分泌作用についてはほとんど不明。

【リスク2:大量に含まれている砂糖】
⇒中には1本内に27gの砂糖が入っているドリンクもあり、1日の許容量の相当部分に当たる。女性の場合は、許容量を超える場合もある。これにより、米陸軍内の全将兵の約10.5%が太りすぎで役に立たないとまで言われる。

【リスク3:大量に含まれているカフェイン】
⇒カフェインの過剰摂取は、血圧上昇、パニック発作、動悸、不安、脱水、不眠症等を引き起こし、4時間以内に200mg以上(コーヒー3.3杯)を摂取することは避けるべき。

このカフェインについては、眠気を振り払うために常習的にエナジードリンクを飲む人も少なくないようですが、問題があります。
カフェインは、睡眠障害という重大な健康障害を引き起こしかねない。
睡眠6時間前以降のカフェイン摂取は睡眠障害になりかねず、連日飲むと仕事中の居眠りに繋がる危険性もある。


エナジードリンク、飲みすぎで急性中毒の危険も

カフェインの大量摂取は、カフェイン中毒につながり、本当に危険なようです。

2107年6月13日に判明した「日本中毒学会」の調査によると、平成23年から28年までの5年間で、眠気防止薬や「エナジードリンク」などの清涼飲料水の急性カフェイン中毒で101人が救急搬送され、うち3人が死亡したそうです。

カフェイン中毒の患者は平成25年度から急増しているそうで、丁度エナジードリンクが流行り出した頃に一致している感じですね。

上の調査で、エナジードリンクだけの中毒患者も4人もいました。中には、コーヒーとエナジードリンクを合わせて飲んだ人もいたようです。

それでは、摂取カフェインの量が多くなって当たり前です。

調査に当たった埼玉医大の教授は、
「カフェイン中毒の危険性が一般の人には十分知られておらず、行政も把握できていない」と警鐘を鳴らしています。


エナジードリンクの副作用が出ない飲み方

以上のように、エナジードリンクの飲みすぎは多くの副作用をもたらす危険があると言えそうです。

米陸軍は、アフガン侵攻時に米陸軍の45%が毎日1本以上を消費し、14%は1日3本以上飲んでいるというデータを公表。

エナジードリンクに対し、その効果を疑い、リスクばかりなので過度の飲用を避けるべきだとの警鐘を鳴らしました。

エナジードリンクには、体や頭脳をシャキッとさせる覚醒作用のようなものがありますが、それでも、配合成分は薬理的に顕著な作用が見られるほどのものではなく、一日の容量を厳守することが前提の飲み物ということです。

上記ネット記事の最後では、エナジードリンクとの付き合い方について以下のように締めくくっています。

”エナジードリンクとは幻でしかないのかもしれない。だからこそ、幻は幻としての付き合いが肝要だろう。要するにロマンを飲むものとして、自らの危急存亡のときに1本だけ飲むものであって、本気になって何本も飲むようなものではないのだ。あなたの健康と美容のためにも。”

要は、頑張って、よくよく疲れた時に自分への褒美として、「1本いこう!」という感じで飲むのが、効きもよくていいんじゃないでしょうか?

* この記事の作成にあたっては、ウィキペディアも参考にしました。




スポンサーリンク


スポンサーリンク

【関連記事】
クローズアップ現代、急増!カフェイン中毒 / エナジードリンク・錠剤の陰で

カフェイン中毒の真実!コーヒー以外にも種類多く、症状も多彩だった!

-健康・美容
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ストレスで不調が続く(胃腸、不眠等の症状)人を「C-23ガセリ菌」が救う!?

仕事や人間関係のストレスで不調が続くと、胃腸を壊したり、不眠など睡眠障害の症状で悩む人が増えています。そんなストレスに弱い人に、あのカルピスが発見した乳酸菌がよい作用があるんです。そんな頼もしい乳酸菌 …

クローズアップ現代、急増!カフェイン中毒 / エナジードリンク・錠剤の陰で

「クローズアップ現代」(NHK、9月21日放送)は、”急増!カフェイン中毒”という特集でした。近年、エナジードリンクなどの飲みすぎによるカフェイン中毒が若者に広がっています。その実態と危険性などをレポ …

カフェイン中毒の真実!コーヒー以外にも種類多く、症状も多彩だった!

最近、カフェインの過剰摂取による中毒が話題です。カフェインといえばコーヒーですが、他にもエナジードリンクなどカフェイン含有物の種類は多く、知らずに中毒になっていて、悩みの不調がカフェインが原因だったり …

がん探知犬、日本医科大学病院で何がんの臭いを判定する?

がん探知犬がテレビのニュースなどで紹介され話題です。日本医科大学の附属病院(日本医科大学千葉北総病院)で、まだ研究段階ということですが、実際にがん検診を始めているようです。果たして、がん探知犬は何がん …

イボ痔(痔核)の手術は後遺症の危険も。経験豊富な病院を選ぶべし

イボ痔など痔疾患は、命には関わらないものの、憂鬱で不快な症状ですね。ひどくなれば手術が必要ですが、場合により後遺症が残るリスクもあります。イボ痔の手術で後遺症を回避するには、経験豊富な病院を選ぶことで …