なるほど・ザ・ブログ

色々な面白くてお役に立つ情報を提供します!

健康・美容

ガッテン、健康で長寿のカギが見えた / 健康長寿の秘訣とは?

投稿日:2017年5月10日 更新日:

ガッテン」(NHK、5月10日放送)のテーマは、”健康長寿のカギが見えた!”という内容でした。最新研究で分った健康長寿の秘けつを紹介しました。キーワードは「慢性炎症」。それを示すある血液検査数値の改善で、将来は人間の寿命は100歳まで延びるかもしれないということですよ!




スポンサーリンク

健康長寿の秘けつは「慢性炎症」を止めることにあった!

「ガッテン」は、まずアメリカのメイヨークリニックという最先端の研究施設のある有名な病院を取材しました。そこのヴァン・デューセン博士が研究で明らかにしたのが、マウスの体の「慢性炎症」を止めることで、人間換算で100歳まで長生きしたということでした。

実験で比較した2匹のマウスの体を見ると、確かに、普通の飼育のマウスは体の動きがあまりなく老化が目だっているのに対し、慢性炎症のないマウスは若々しく活動的でした。

博士によると、人間も慢性炎症を止めるれば腎臓や心臓機能がよくなり、ガンも発生しにくくなり、健康長寿が実現するそうです。


< ガッテン、長寿関係の他の特集:長寿ホルモン大放出!動脈硬化・メタボ・糖尿病 一挙解決SP!>

健康長寿を妨げる「慢性炎症」は、『高感度CRP』でチェックできる

通常、人間の体内の炎症は「CRP」という血液検査項目で表示されます。これは肝臓から出るたんぱく質ですが、基準値は0,3以下です。

風邪や怪我、病気など何らかの原因で、体に炎症があると、CRP数値が上昇します。

救急医療の現場では、約20年前から、この数値が高いと重症の炎症(たとえば肺炎など)があると判断し、活用しているとか。

一般に炎症とは、外界からの異物(細菌など)の侵入や、体のダメージに対し、身体の防衛反応として、腫脹・発熱・発赤・疼痛・機能障害の5つの徴候を示すものと定義されています。ある面で、これらの反応で安静を促して身体の修復を図る身体の安全機能といえるものです。

しかし、今回の「ガッテン」で取り上げている慢性炎症とは、本人も気づかないような弱い炎症のことです。この慢性炎症は、CRP値の正常基準値0,3以下の範囲で起こるものですが、最近、新しい『高感度CRP』という検査が登場し、慢性炎症も数値化してその程度を判別できるようになりました。

具体的には、0,3~0,0まで数値化でき、少数第2位まで表示されます
(例えば、0,02など)。

* 新CRPは、健康診断を行う施設の約5割で検査項目に入れられているそうです。




スポンサーリンク

慢性炎症をひき起こしやすい人の特徴とは?

「ガッテン」では、20~70代までの60人で、高感度CRPの検査を実施してみました。

すると、どの年代でも数値の低い健康的な人が多くいましたが、40~60代には、数値の高い人が散見されました。

それらの人の特徴は、【肥満】です。

肥満があると、脂肪細胞が膨れ、その異常を察知した免疫細胞が集まってきて、反応を起こし、炎症が起きて高感度CRP値が高くなるのです。

そして、肥満の中でも、皮下脂肪が多い人には慢性炎症は少なく、内臓脂肪が多いタイプの人が慢性炎症を起こし易いということでした。

特に中年男性でお腹がぽっこりと出ている人は要注意です。

他にも、過度の飲酒、ストレス、喫煙、高血糖、加齢などでも慢性炎症が起こりやすくなるそうです。

慢性炎症を示す『高感度CRP値』の下げ方とは?

では、お腹ぽっこり肥満の人はダイエットすれば、高感度CRP値は下がるのか?

「ガッテン」で実験したところ、ある人の場合、

[体脂肪率30,3、高感度CRP0,25]でしたが、ダイエット(有酸素運動)を3週間したところ、
[体脂肪率28,1、高感度CRP0,03]に下がっていました!

どうやら、生活習慣の見直しやダイエットで、慢性炎症を示す高感度CRPは割りと簡単に下がるようですね。

番組冒頭で紹介された、92歳でフルマラソンを走る男性(ギネスにも2つのカテゴリーで世界一に登録されています)の高感度CRPを測定すると、何と、0,02という低い数値でした。

普段からジョギングを趣味にされているそうですが、そのような習慣が健康体を維持するということを数値で証明した形となりました。

他に食事で抑える方法として、

豆やきのこ類には、ポリアミンという物質が多く含まれていて炎症を抑える可能性があるという研究が行われているそうです。すでにマウス実験では効果があるようです。

レシピなどを工夫してこれらを積極的に摂るのは、慢性炎症を抑制するという点で、いいようです。

【ガッテンの別記事】
ガッテン、デルタパワーで血糖値が下がる(新薬による熟睡効果)

ガッテン、「睡眠薬で糖尿病治療」放送に、医学界・厚労省から抗議や注意

ガッテン、交通事故の謎。追突・逆走・ブレーキアクセル踏み違い

ガッテン、筋肉・血管をあの栄養素(たんぱく質)で強化&魔法のシート




スポンサーリンク


スポンサーリンク

-健康・美容
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カフェイン中毒の真実!コーヒー以外にも種類多く、症状も多彩だった!

最近、カフェインの過剰摂取による中毒が話題です。カフェインといえばコーヒーですが、他にもエナジードリンクなどカフェイン含有物の種類は多く、知らずに中毒になっていて、悩みの不調がカフェインが原因だったり …

高齢者が脱水を起こしやすい理由7つと、おすすめ水分補給方法!

高齢者は熱中症対策で、水分補給の必要性が言われますが、それに限らず水分不足で脱水に陥る危険が高齢者には常にあります。脱水になりやすい理由を理解し、脱水による認知症に注意しましょう。おすすめの水分補給法 …

「ガッテン」、最新ピーナツパワーSP(血管を強くしなやかに)

「ガッテン」(NHK)、1月11日放送は、”血管を強くしなやかに、最新ピーナツパワーSP”特集でした。米ハーバード大学の研究で、ピーナツをよく食べる人は健康で長生きするという結果が出て、今回の「ガッテ …

NHKスペシャル「人体」、寿命を決めるのは腎臓だった=長寿のカギ

NHKスペシャル「人体」第2集(2017年10月1日放送)は、”長寿のカギは腎臓にあり”という特集でした。体内の神秘のネットワークをメインテーマにする今回の「人体」シリーズの最初は、血液の調整を通じて …

歯みがき粉の高いやつが人気。高機能1本千円以上はザラです!

健康ブームは当然歯の健康にも及び、歯みがき粉も1本千円以上もする高いやつが人気となっているとか。高齢社会で、年を取ってもキレイな歯でいたいというニーズの高まりが背景にあるらしい。某アンケートでは、効果 …