なるほど・ザ・ブログ

色々な面白くてお役に立つ情報を提供します!

健康・美容

フッ素入り歯磨き粉のおすすめ市販品は「バトラー エフペーストα」(サンスター)

投稿日:2017年5月13日 更新日:

フッ素入りの歯磨き粉は今では主流ですが、この5月にサンスターからおすすめのハミガキが発売されます。その名は、『バトラー エフペーストα』。市販の歯磨き粉の中でも、フッ素の濃度は最高クラスと思われます(サンスター市販品では最高濃度)。大人むし歯対策としておすすめですよ。




スポンサーリンク

フッ素最高濃度のハミガキがサンスターから5月に発売(市販)される

むし歯予防に効果がある「フッ素」濃度は、従来のサンスターの歯磨き粉では1000ppmまででしたが、『バトラー エフペーストα』は1450ppm。これまでのハミガキに比べ約1.5倍の配合で、サンスターハミガキ史上で最高濃度となっているそうです。

●大人虫歯対策におすすめの高濃度フッ素配合の歯磨き粉「バトラー エフペーストα」
http://www.butler.jp/fpastealpha/


サンスターHPより引用

【製品情報】
[バトラー エフペーストα]
・商品分類:ハミガキ 医薬部外品
・容量:90g
・希望小売価格(税抜):900円
・効能:むし歯の発生及び進行の予防、歯肉炎・歯周炎の予防、口臭の防止、歯を白くする、口中を浄化する、口中を爽快にする

「バトラー エフペーストα」を使用して得られる効果メリットは、

①フッ素1,450ppm配合
エフペーストαのフッ素濃度は高濃度!再石灰化で歯をバリア。
フッ素がエナメル質から象牙質までバリア。

②薬用成分
ハグキが下がると根元むし歯のリスクが高まるが、薬用成分GK2が、炎症を引き起こす物質の働きを抑え、健康なハグキを保つ。

③低研磨性
低研磨性なので長時間しっかり磨ける設計。エナメル質に比べて柔らかい歯の根元(象牙質)が露出している方にもおすすめ。

尚、歯みがき粉に含まれる研磨成分には注意が必要です。

この「バトラー」は、歯科医も薦める低研磨性の歯みがきで、10年使っても安心と太鼓判の製品ですが、研磨性の高い歯みがき粉を使い続けると(歯のエナメル質より弱いものでも)、10年もすると歯の表面が磨り減り、根が露出する恐れもあり、知覚過敏や歯肉退縮状態になってしまうそうです。

注意すべき研磨成分の一例を挙げると、

・リン酸カルシウム(ハイドロキシアパタイト)
・粒状炭酸カルシウム
・顆粒
・水酸化アルミニウム
・ケイ酸類(シリカ)

などです。




スポンサーリンク

フッ素の作用、効果とは?

フッ素には歯垢(プラーク)が作り出す細菌の活動を抑え、歯から溶けたエナメル質の修復を促進、歯の表面を酸にとけにくい性質に強化する等、むし歯の発生を防ぐ効果が認められています。

フッ素は、口の中に長く留まると効果がアップするので、そのようなハミガキ剤を使用するのがよく、また長期に継続することがむし歯予防に効果的です。

むし歯予防には、歯みがき粉の他にも、歯みがきの仕上げ的につかうジェルも非常に効果的です。おすすめは、オーラルケア社の『ホームジェル』。歯科医の多くが推薦する製品です。

フッ素が、970ppmと高濃度で、むし歯予防の効果に優れています。
夜寝る前のケアとして使い、使ったらあまりうがいはせず、吐き出す程度にします。

これを長く使っている人は、本当にむし歯は少ないようなので、高濃度のフッ素はむし歯予防に効果があるんですね。

また、歯や口腔の殺菌効果を狙う場合は(歯周病も同時に予防したいとか)は、バトラー製品の中でも、『バトラー CHX洗口液』がおすすめです。

これは本来、水で薄めて口の中をすすぐ製品ですが、歯ブラシにつけて毎食後に磨く歯みがき液として使うのが効果的らしいです。

・歯周病の予防
・口臭の予防
・就寝中の歯垢の増加を抑制
・矯正中のプラークコントロール
・外科手術後のプラークコントロール

などに効果があります。


フッ素の効果を生かす歯磨きの方法

フッ素のむし歯予防効果を最大限に引き出すために、フッ素を口の中に長く留めるのが良いとされていますが、それについて以前にテレビの某健康番組で、ユニークな歯磨きの方法を実践している人が紹介されていました。

その歯磨き方法とは、”歯を磨いた後、口をゆすがず30分そのままにする”というものでした。

そうすることで、フッ素を長時間口の中に留めておけるわけです。

その方は、30分間テレビを見たり新聞を読んだりしてから、口をゆすいでいました。

その方法を実践して20年以上も、むし歯になったことはなく、歯医者とも無縁だということでしたね。

また普通、歯磨きの際は、歯ブラシを水で濡らしてから歯磨き剤をつけると思いますが、水で濡らさず直に歯磨き剤をつけて磨くと、余分な泡が立たず磨き易いそうです。

このやり方は、私も普段やっていますが、確かに口の中がダラダラと水だらけにならず、磨き易いように思います。




スポンサーリンク


スポンサーリンク

【関連記事】
歯みがき粉の高いやつが人気。高機能1本千円以上はザラです!

-健康・美容
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ガッテン、アルツハイマー病認知症予防SP / 脳のゴミ捨て&食事で予防

「ガッテン」(NHK、5月17日放送)は、”認知症予防法SP”特集で、世界の研究者が始めた予防法を紹介しました。現在の日本では高齢者の4人に1人が認知症を患い、その7割はアルツハイマー病です。このアル …

世界一受けたい授業、今からやるべき花粉症対策2017

「世界一受けたい授業」(1月28日)の中で、”今からやるべき花粉症対策 / 花粉症の新常識2017”という授業がありました。これで今年は花粉症の症状が軽くなるという対策法を、薬の飲み方・使い方、おすす …

NHKスペシャル、血圧サージが危ない!血圧急変動で脳卒中、心臓病、認知症に

NHKスペシャル(2017年10月29日放送)で、『血圧サージが危ない!』という特集がありました。気づかないうちに血圧の急激な変動(突然の急な高血圧状態)が起こる血圧サージの人が増えていて、それが繰り …

「ガッテン」(NHK)、この冬肺炎にならないぞSP[肺炎球菌ワクチンの話]

「ガッテン」(NHK、1月25日)は、”この冬、肺炎にならないぞSP”という高齢者の肺炎予防の特集でした。肺炎の主な原因は、肺炎球菌という細菌ですが、予防には肺炎球菌ワクチンの摂取が効果的で、国も費用 …

デパスの副作用と依存症(習慣性)、高齢者はここが危ない

今年(2017年)4月に厚労省が発表した『医薬品・医療機器等安全性情報』に、デパスを含む多くの向精神薬や催眠鎮静剤の副作用情報や使用上の注意が掲載されていたということです。高齢者の人口が増えるにつれ、 …