なるほど・ザ・ブログ

色々な面白くてお役に立つ情報を提供します!

健康・美容

ガッテン、アルツハイマー病認知症予防SP / 脳のゴミ捨て&食事で予防

投稿日:

ガッテン」(NHK、5月17日放送)は、”認知症予防法SP”特集で、世界の研究者が始めた予防法を紹介しました。現在の日本では高齢者の4人に1人が認知症を患い、その7割はアルツハイマー病です。このアルツハイマー型認知症に対し、世界の最新研究で安あがりでいつでもできる予防法が明らかになってきました。




スポンサーリンク

アルツハイマー病認知症の原因に新事実

そもそも、アルツハマー病の原因は、脳の活動である「考える」ことをした結果のゴミ(代謝の老廃物)が溜まって固まり、周囲の脳細胞を破壊することで、脳が縮んでしまうことにあります。

そのゴミとは、『アミロイドβ』というたんぱく質です。

このアミロイドβの蓄積を予防するのが、アルツハイマー病の予防法となります。

このアミロイドβの蓄積について、アメリカ・ワシントン大学の研究で新事実が判明しました。

アルツハイマー病の原因であるアミロイドβは、実は発症の25年も前から徐々に蓄積が始まっているのですが、その産出量は、健常者もアルツハイマー患者も同じです。

しかし、脳からの排出量に違いがあることが分ったのです。アルツハイマー病の人は健常者よりもアミロイドβの脳からの排出がずっと少ないことが分りました。

そのために、脳に蓄積し、やがてそれが多くなって発症してしまうのです。




スポンサーリンク

アルツハイマー病の予防法は睡眠にあり

要するに、アミロイドβは誰でも産出されるのですから、どうすれば効率よく排出して、アルツハイマー病にならないように予防できるかが問題です。

そのアルツハイマー病の予防法とは、

”よく眠ること”

です。

睡眠中に脳からアミロイドβがよく排出されることが分りました。

オランダの研究によれば、20人あまりの人を、よく寝るグループと徹夜させたグループに分けて実験したら、たった1日だけで、アミロイドβの蓄積量にハッキリと差が出たそうです。

別の海外の研究では、マウスでの実験ですが、寝ている間に脳は細胞を小さくして隙間を作り、その間をアミロイドβなどの老廃物が流れていくのを画像で確認できました。

アルツハイマー病の予防法としての睡眠ですが、
・6~8時間の睡眠
・30分以内の昼寝

が発症リスクを下げます。

他に、脳神経を活性化させる方法ですが、

①有酸素運動
アミロイドβを減少させる効果

②コミュニケーション
いろいろな人と話すのが良い

③知的活動
頭を使いながら指先も動かすのがよい。編み物や囲碁・将棋など

また、すでにアルツハイマー病を発症している人でも、上で述べた予防法は効果があるということです。但し、本人が楽しくやれる範囲でするように注意が必要です。


認知症関連動画~YouTubeより

アルツハイマー病を食事で予防

食事でもアルツハイマー型の認知症を予防できます。アメリカの研究では、その食事のことを『マインド食』といいます。

・予防によい食材は、野菜、ブルーベリー、ナッツ、魚など。
・悪い食材は、お菓子、バター、ファストフードなど。

これらの食材の違いで、50%もの発症率の差がでるようですよ。

日本人の場合は、
①バランスのよい食事
②減塩する

のがよいそうです。

それらは、結局脳の血管をしなやかに丈夫にするので、アミロイドβの排出にもよい効果をもたらすということに繋がるからです。

【関連記事】
ガッテン、健康で長寿のカギが見えた / 健康長寿の秘訣とは?

ガッテン、デルタパワーで血糖値が下がる(新薬による熟睡効果)

(姉妹ブログ)
ためしてガッテン、「アルツハイマー予防技3連発」

ためしてガッテン、アルツハイマー病新予防法




スポンサーリンク


スポンサーリンク

-健康・美容
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

主治医が見つかる診療所、食品の栄養をムダにしない保存・調理など医学テク

「主治医が見つかる診療所」(テレビ東京、9月4日放送)では、”食材の栄養を逃がさない調理法、食材の栄養をムダにしない保存法”などを特集しました。野菜やくだものなど、本来の栄養分を逃がさないための知識が …

エナジードリンク、飲みすぎの副作用、太る・睡眠障害・肝臓障害etc、危険の理由は?

エナジードリンク(栄養ドリンク)の消費が伸びていて、嵌る若い人も多いようです。例えば「モンスターエナジー」はアメリカ、日本の双方で大ヒットです。その一方で、エナジードリンクの過剰摂取による副作用も懸念 …

世界一受けたい授業、今からやるべき花粉症対策2017

「世界一受けたい授業」(1月28日)の中で、”今からやるべき花粉症対策 / 花粉症の新常識2017”という授業がありました。これで今年は花粉症の症状が軽くなるという対策法を、薬の飲み方・使い方、おすす …

クローズアップ現代、急増!カフェイン中毒 / エナジードリンク・錠剤の陰で

「クローズアップ現代」(NHK、9月21日放送)は、”急増!カフェイン中毒”という特集でした。近年、エナジードリンクなどの飲みすぎによるカフェイン中毒が若者に広がっています。その実態と危険性などをレポ …

デパスの副作用と依存症(習慣性)、高齢者はここが危ない

今年(2017年)4月に厚労省が発表した『医薬品・医療機器等安全性情報』に、デパスを含む多くの向精神薬や催眠鎮静剤の副作用情報や使用上の注意が掲載されていたということです。高齢者の人口が増えるにつれ、 …