なるほど・ザ・ブログ

色々な面白くてお役に立つ情報を提供します!

社会・経済

人工知能の進歩で将来、人間の仕事が奪われる?

投稿日:2017年5月23日 更新日:

人工知能は日々進歩し、近い将来多くの職種の人間の仕事がAI(人工知能)によって奪われるのではないか、という危機感も出てきています。果たして、30年後くらい先の将来、単純労働的な仕事はすべて人工知能に奪われる時代となっているのでしょうか?

この記事は下記のレポートを参考にしています。
・人工知能学会 山田誠二 会長が解説、「AIで人間の仕事が奪われる」は間違い




スポンサーリンク

人工知能の進化が加速し、人間の仕事が奪われる日は近い?

現在、人工知能の研究は世界規模で行われ、「ディープラーニング」という人間の思考に近い判断・認識力を持つAIも登場してきました。車の自動運転は間もなく実現しそうですし、チェスや囲碁・将棋などゲームの分野では、すでに人工知能(AI)に人間が負ける事態になっています。

やがては、映画「ターミネーター」や「マトリックス」のような世界が現実になるのでしょうか?


人工知能にどんな仕事が奪われる?

英オックスフォード大学でAI(人工知能)の研究を行うマイケル・A・オズボーンという准教授が推論した結果があります。

それによると、702の職種が今後どれだけコンピューター技術によって自動化されるかというと、今後10~20年程度で、米国の総雇用者の約47%の仕事が自動化されるリスクが高いという結論になったそうです。

具体的には、

・銀行の融資担当者
・スポーツの審判
・レストランの案内係
・電話オペレーター
・レジ係り
・カジノのディーラー
・ネイリスト
・ホテルの受付
・仕立て屋
・データ入力作業員
・苦情処理、調査担当者
・簿記、会計、監査の事務員
・メガネ、コンタクトレンズの技術者
・測量技術者
・建設機械のオペレーター
・塗装工

などなど。

自動運転車の普及で、バスやトラックの運転手も仕事を奪われるとも言われていますしね。




スポンサーリンク

人工知能は人間の無意識の領域には及ばない、だから仕事が奪われることはない?

では、本当に人工知能の進歩・普及で、人間の仕事はどんどん奪われることになっていくのでしょうか?

この点、上述のレポート内に登場する人工知能学会会長の山田 誠二 氏は、

AIによって人間の仕事が奪われるのは誤った認識」だとして、両者の得意分野を相互に補うことが望ましいと提言しています。

その根拠はというと、

AIの研究開発にも技術的な限界がある。人工知能の基本構造は、論理記号ベース、すなわち人間の行動を論理的に記号化することにありますが、「人間の判断や行動は、無意識で行われ、ルール化、記号化できない」という問題があるそうです。

たとえば、医療における診断など、一見すると抽象的、論理的な行動と思われるものも、医師からすると言語化できない推論がたくさん含まれていることがわかってきたのです。

一部に、約30年後の2045年には、あらゆる領域で人間を超える知性を持ったAI(人工知能)が出現し、人間の存在が脅かされ、仕事が奪われるという議論がありますが、そうはならないということのようです。

ただ、30年後くらいには、コンピュータが極々小さくなって、人間の脳内に埋め込まれるくらいになり、人工知能は「拡張知能」として人間の知的成長を飛躍的に迅速・拡大していく可能性があるという意見があります。

さらに、ロボットの例ですが、人工知能(AI)が学習することについても、

原理的には可能だが、現実的にはほぼ不可能」だと山田氏は指摘しています。

「たとえば、”このビルから出て、近くの店で水を買ってくるように”とAIを搭載したロボットに命令するとします。人間にとっては簡単なミッションですが、AIにとっては、まず部屋のドアがどこかわかりません。ドアが見つかったとしても、そこに歩行して移動し、ドアから部屋を出た先にも、エスカレーターはどこか、どうやって乗るか、店の方向はどこかといった問題が待ち構えています」

この例だと、そのくらいのことは簡単だろうと思いますが、実際に自立的なロボットを作るとなると、この程度なんだそうですよ。

人間の苦手なところをAIが補い、AIの苦手なところは人間を行う
というように、相互に補い合うことが望ましい

というのが現実的な人工知能の姿のようです。

なんだか安心したような、寂しいような、不思議な気分ですけどね。

【関連記事】
NHKスペシャル「驚異の人工知能 2017 」、羽生善治も脱帽

自動運転車の実用化はいつ?政府目標の2020年に公道を走っているか?

会話ロボットが進化!メーカー、価格、最新ペットロボット情報




スポンサーリンク


スポンサーリンク

-社会・経済
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NHKスペシャル「驚異の人工知能 2017 」、羽生善治も脱帽

6月25日のNHKスペシャルは、「驚異の人工知能~天使か悪魔か 2017」という特集でした。近年急速に能力を高度化させている人工知能(AI)の最新情報をレポートする番組です。”羽生善治も脱帽の実力、A …

NHKスペシャル「藤井聡太、秘蔵映像で迫る素顔」(7/8)、強さの秘密を解明!

7月8日、「藤井聡太、秘蔵映像で迫る素顔」(NHKスペシャル)という番組がありました。藤井聡太四段の強さを人工知能(AI)の分析を交えながら、ゲストと共に探っていく内容です。ゲストは、佐藤天彦プロ棋士 …

自動運転車、マツダの開発状況は?アテンザ、CX-5の搭載技術を見てみる

自動運転車の開発を国産メーカーが急ぐ中、マツダの自動運転車技術の情報はあまり目立ちません。マツダの自動運転車開発はどうなっているのか?「レベル2」まで行っているのか?自社開発が可能なのか?他メーカーに …

台風21号はフィリピン東沖を北上中。今後の進路予想は?日本上陸の恐れは?

台風21号は勢力を増しながら北上中です。今後の進路予想は日本上陸の可能性が高まっています。気になるのは進路上の海水温の高いこと。発達して大型台風になる危険もあるようです。今後の進路や雨・風の程度、発達 …

自動運転の技術、輸入車で比較 / ベンツ、BMW,VW,キャデラックetc

自動運転の技術は世界中で熾烈な開発競争が行われています。日本で購入できる輸入車のメーカーも、多くがすでに実用レベルの自動運転車を試作しているようです。輸入車メーカーの自動運転技術をちょっと比較してみま …