なるほど・ザ・ブログ

色々な面白くてお役に立つ情報を提供します!

社会・経済

自動ブレーキを比較、輸入車&国産(日産、スバル)

投稿日:2017年6月2日 更新日:

自動運転技術の最も重要な装置である自動ブレーキシステムは、海外および日本のメーカー間で比較すると、かなりの技術的格差が出てきているようです。政府は2020年頃を目途に完全自動運転の普及を目指しているようですが、2017年の現在、輸入車国産車の自動ブレーキの性能など比較してみましょう。




スポンサーリンク

自動ブレーキは世界的メーカー「モービルアイ」がダントツ性能

現在、世界の自動車メーカーは、自動ブレーキシステムを自前で開発せず、外部からそのシステムを導入しているところが多くなっています。

その自動ブレーキ技術で世界をリードしているのが、イスラエルに研究部門がある『モービルアイ』。半導体メーカー・インテルの子会社です。

モービルアイ社とは、ウィキペディアによると、

”Mobileye (モービルアイ)は単眼カメラでの衝突事故防止・軽減を実現し、高度運転支援システム (ADAS)の発展に貢献するテクノロジーカンパニーである。人工視覚イメージ処理技術、マルチテクノロジカルアプリケーション、情報技術とを組み合わせ安全運転実現の為の幅広い解決策を提供している。”

と説明されています。

同社は、車両検知、前方車両衝突警報、前方車間距離警報、歩行者衝突警報などの自動運転に必須のセンサー技術で、群を抜いた性能を誇っています。

基本の「車両検知センサー」については、上述のウィキによると、

”Mobileyeの車両検知は独自のアルゴリズムによって車両・バイク・トラックといったあらゆる乗り物を、昼夜問わず検知することができる。この検知技術はMobileyeの多くの機能の中核を担っているものである。
単眼カメラで以上のことを可能にしたMobileyeは、従来のレーダー方式・ステレオカメラ方式が一般的であった自動車業界の常識を一掃した。”

と解説されています。

本来なら、単眼(一個)のカメラよりも、スバルなどが採用するステレオカメラ(2台のカメラ)の方が高性能のように思いますが、さすがインテル系列の会社だけあって、センサーの情報処理技術(アルゴリズム?)がはるかに優れているのでしょう。




スポンサーリンク

自動ブレーキは、輸入車比較ではボルボがお勧め

以上のように、2017年の時点では、モービルアイの自動ブレーキシステムが
信頼度が最も高いのですが、自動ブレーキシステムを搭載する輸入車を比較するとやはり同社のシステムを載せているメーカー(輸入車)が安心です。

・参考レポート
全く役に立たない自動ブレーキに注意!

特に、ボルボがいいようですね。

ボルボは、モービルアイの自動ブレーキシステムを搭載していますが、自社のブレーキとベストのマッチングをしているようです。
(モービルアイの技術は、衝突防止センサーまでで、ブレーキそのものは各自動車メーカー独自のものかもしれません)

最新の「XC60」にもモービルアイのシステムが搭載されています。

一方、上記のレポートによると、メルセデスなどは、モービルアイのシステムを使っておらず(自社システムか?)、一部には不安な部分もあるらしいです。


自動ブレーキ、国産車比較はマツダ、日産(セレナ)、スバル

国産車の自動ブレーキ比較では、マツダ日産がモービルアイ社のシステムを搭載しており、優れた性能を誇っています。

マツダの自動ブレーキについては、下の動画で、対歩行者の高い安全性を確認できます。

日産は、好評の「セレナ」にモービルアイの自動ブレーキシステムを搭載しており、高い安全性を獲得していますね(下の動画参照)。

セレナは、公的検査機関の予防安全性能テストでは、満点の成績を獲得しています。

また、スバルは自社製のステレオカメラ方式(アイサイトver.3)ですが、上のレポートではモービルアイに劣らない性能があると評価されています。

以上、現状では、国産車の自動ブレーキの場合、マツダ、日産(セレナ)、スバルが性能的に信頼度が高いということのようです。

【関連記事】
スバル、アイサイト4搭載車の発売を発表!レボーグとWRX・S4で今夏発売

スバルの自動運転レベル2(アイサイトver.4)の技術とは?

自動運転車の実用化はいつ?政府目標の2020年に公道を走っているか?

自動運転、高速道一部実用化の日本初は日産。スバルと比較すると?

日産セレナのプロパイロットで事故。自動運転支援機能搭載車で全国初の事故

自動運転で事故った時の賠償責任は誰が負う?

完全自動運転車(レベル4)のデメリットを考えてみる

日産リーフ、9/6モデルチェンジ!自動運転プロパイロット、航続距離に注目




スポンサーリンク


スポンサーリンク

-社会・経済
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

自動運転の技術、輸入車で比較 / ベンツ、BMW,VW,キャデラックetc

自動運転の技術は世界中で熾烈な開発競争が行われています。日本で購入できる輸入車のメーカーも、多くがすでに実用レベルの自動運転車を試作しているようです。輸入車メーカーの自動運転技術をちょっと比較してみま …

沖縄・暴行動画、いじめを教育委会がやっと認める

沖縄の中学男子生徒の暴行動画(被害生徒が同級生の男子から暴行を受けている様子を撮影した動画)がインターネット上で拡散していることが30日に判明、衝撃が広がっています。TVでこの沖縄の暴行動画を見ました …

アップル、自動運転撤退せず開発再スタートか?日本車にも搭載の可能性?

米アップル社が自動運転車の開発プロジェクト「タイタン」を断念し、自動運転から撤退したと思われていましたが、今月になってカリフォルニア州から自動運転車の公道試験を許可されたことがわかり、撤退ではなく、開 …

日本の高齢者がキレやすのはナゼ?対処法はある?

ここ数年でどうも日本の高齢者がキレやすい傾向にあるらしい。私もそう感じる。街中での粗暴な振る舞いや犯罪者数の増加などが指摘されている。なぜ日本の高齢者はキレやすくなったのか?どう対処すればいいのか? …

アウディA8、自動運転で世界初のレベル3車を販売。ハンドル離して運転!

ドイツのアウディ社は、7月11日にフラッグシップモデル「アウディA8」の新型モデルを発表。世界初の自動運転レベル3の市販車となります。いよいよハンドルから手を離して運転する自動運転車が登場します! ス …