なるほど・ザ・ブログ

色々な面白くてお役に立つ情報を提供します!

健康・美容

スマホ老眼対策、手軽な目薬、サプリ、マッサージなどどうですか?

投稿日:

スマホを長時間使用する人が増え、目のピントが合いにくくなる「スマホ老眼」が増えているらしいですね。重症の場合は眼科など医療機関の診断を受けた方がいいですが、自分でできる対策もあり、マッサージ(動画あり)などの治療法もありますよ。




スポンサーリンク

スマホ老眼とは?~普通の老眼との違い

スマホ老眼とは、スマートフォンの見すぎで一時的に老眼のような症状になることです。

普通の老眼は、大体40代頃から症状が出始めますが、スマホ老眼の場合は、逆にスマホの使用時間が長い10代後半から30代くらいの若者に多いのが特徴です。

老眼は、加齢によりピントを合わせるレンズの役割をする水晶体が硬くなり、ピント調節機能が衰えることで起こりますが、スマホ老眼の場合は、水晶体は軟らかいですが、その厚みを変える働きをする筋肉(毛様体筋)が凝ったまま元にもどらなくなり、ピント調節ができない状態です。

スマホ老眼は、遠くの景色を見たりテレビを離れて観たりするなど、生活習慣の工夫で改善できる場合も多いですが、毛様体筋の緊張が長く続くと元に戻りにくくなることがあります。

また、スマホの使いすぎで疲れ目が続くと、一時的な症状で収まらず、頭痛や肩こりにも発展することもあり、油断はできません。




スポンサーリンク

スマホ老眼対策、サプリや目薬などセルフケア方法

では、スマホ老眼対策として、自分で対処するセルフケアの方法を2つ紹介しましょう。

尚、ここで紹介するものは、読売新聞5月31日の家計欄記事「スマホ老眼 癒します」を参考にしました。

①目薬

ロート製薬『Vロートプレミアム』(税抜き1,500円)がおすすめです。

この目薬は、疲れ目の3つの原因に効果的にアプローチできるように作られています。

・こり固まった、ピント調節筋をほぐす
・乾きからくる疲れ症状に、涙を保持し、角膜を保護する
・スマホやパソコンから出ているブルーライト等による炎症を鎮める

[以下、ロート製薬のHPより]
国内最多の12有効成分*1を配合。現代人の疲れ目を科学し、その原因に多角的にアプロ-チします。
ピント調節機能を改善する成分を基準内最大配合*2。また、涙へアプローチし、涙液保持機能を持つコンドロイチン硫酸エステルナトリウムと、抗炎症効果機能を持つ3つの成分を配合。酷使して蓄積していくつらい疲れ目に。
目が疲れてリフレッシュしたい時にうれしい、気持ちのよいさし心地です。

また、この『Vロートプレミアム』は、さし心地にもこだわったそうです。

[以下、ロート製薬のHPより]
目指したのは、「パッと目の奥まで染み渡り、じんわりと包みこむように優しく広がる。まるで目の奥をぎゅっともみほぐすようなさし心地」
そんなさし心地を実現する為に、清涼化剤だけでなくアロマオイルに使われる事もある精油を配合しました。

よかったらお試しください。

②サプリメント

ファンケルヘルスサイエンス『スマホえんきん』(60粒、税抜き1,448円)

ビルベリー由来アントシアニン、ルテイン、ビタミンB群の作用で、スマホ老眼による目の疲労感の緩和に役立つ目薬です。

[ファンケルのHPより]
「スマホえんきん」にはビルベリー由来アントシアニン が含まれます。
ビルベリー由来アントシアニンは、日頃からスマートフォンやパソコンなどで目を酷使する作業時に、目の焦点を合わせやすくすることで、目の疲労感を緩和する機能が報告されています。

ビルベリー由来アントシアニンが 目の疲労感を緩和します。
日常的にモニターで作業し、目の疲れを感じている方に、ビルベリー由来アントシアニン(57.6mg/日)を摂ってもらった試験では、作業による目の疲労感の緩和が認められました!

⇒近くにピントが合うようになり、ピント調節力がアップしています。


スマホ老眼対策、マッサージなどで治療

スマホ老眼対策のセルフケアによるマッサージは、まぶたのマッサージが予防・改善に効果的なようです。

下記の動画を参考にしてみてください。

また、読売新聞には、『目の美容院』(東京・銀座)という目のケアの専門サロンも紹介されていました。ちょっと値段は高いですが、マッサージで目の疲れを和らげてくれるそうです。

公式サイトもありますので、ご興味のある方は検索してみてください。




スポンサーリンク


スポンサーリンク

-健康・美容
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

楽して集中力を高める方法で勉強はかどり成績アップ!

集中力を高める方法には様々あり、上手くいけば勉強や仕事の成績アップ・能率アップに大きな効果が期待できます。しかし、その方法はとかく精神論的になりがちで、合理的に集中力を高める方法は少ないものです。でも …

5月病、治し方を知って事前の対策を心がけよう

5月病の治し方は、基本的な生活の見直しが主な方法といえそうです。 5月は新生活が始まって、通勤や通学にストレスが出始める時期。ゴールデンウィークをキッカケに、心身の失調から5月病になる可能性も。まずは …

マインドフルネスの効果は美容でも実感できる!実践向けの本紹介も

「マインドフルネス」という脳に働きかける心身の健康法が話題です。最近の脳の健康ブームの流れでしょうか。いくら休んでも疲れが取れない、やる気が出ない、などのストレスがらみの不調は脳の疲労が原因かも?マイ …

デパスの副作用と依存症(習慣性)、高齢者はここが危ない

今年(2017年)4月に厚労省が発表した『医薬品・医療機器等安全性情報』に、デパスを含む多くの向精神薬や催眠鎮静剤の副作用情報や使用上の注意が掲載されていたということです。高齢者の人口が増えるにつれ、 …

イボ痔(痔核)の手術は後遺症の危険も。経験豊富な病院を選ぶべし

イボ痔など痔疾患は、命には関わらないものの、憂鬱で不快な症状ですね。ひどくなれば手術が必要ですが、場合により後遺症が残るリスクもあります。イボ痔の手術で後遺症を回避するには、経験豊富な病院を選ぶことで …