なるほど・ザ・ブログ

色々な面白くてお役に立つ情報を提供します!

社会・経済

スバル、アイサイト4搭載車の発売を発表!レボーグとWRX・S4で今夏発売

投稿日:2017年6月5日 更新日:

今日、2017年6月5日、スバルから「アイサイト4」の発表がありました。搭載車はレボーグとWRX・S4の新型車(マイナーチェンジ)で、まもなく発売されるということです。噂されていたアイサイトの進化が実現し、これでスバルの自動運転がまた一歩前進することになりましたね。




スポンサーリンク

スバル、遂にアイサイトver.4を発表!今夏、レボーグとWRXで発売

スバルは、今日6月5日に、新型レボーグ(D型)と新型WRX S4を今夏に発売すると発表し、その2車種に進化した「アイサイトver.4 」を搭載するとしています。

両車種とも、マイナーチェンジということになります。

発売日の詳細はわかりませんが、7月か8月になると予想されています。すでに先行予約も開始されました。

アイサイト4の具体的な変更点なども、具体的・公式な発表はまだですが、今月6月下旬には、スバル公式サイトでスペシャルムービー動画が公表されます。

アイサイトは次のステージへ

気になるレボーグとWRXの新型2車種の価格ですが、大幅に高くなることはないというのが大方の予想です。

アイサイト4は標準装備化ですし、マイナーチェンジですので、数万円程度の上昇で済むのではと思われます。




スポンサーリンク

スバル・アイサイト(現在のver.3)の機能まとめ

ここで、現在のアイサイト3の諸機能を簡単にまとめてみましょう。

[アイサイトver.3の機能]

①プリクラッシュブレーキ、プリクラッシュステアリングアシスト
自動ブレーキシステムです。また、衝突回避のために急ハンドルを切った場合には、回避をスムースに行えるようにアシスト機能が働きます。

②全車速追従機能付クルーズコントロール(アダプタブル・クルーズコントロール)
高速道路などで、0km/h~100km/hの車速域で先行車に追従走行する機能です。前車が停止すれば、ちゃんと停止します。

③アクティブレーンキープ(車線中央維持、車線逸脱抑制)
高速道路などで、走行車線両側の白線を認識し、車が車線外にはみ出さないようにステアリング操作のアシストを行う機能です。時速65km/h以上で作動します。

④AT誤発進抑制制御、AT誤後進抑制制御
シフトレバーやアクセル・ブレーキペダルを踏み間違えて急発進しようとすると、エンジンの出力をカットし、前方の障害物への衝突の危険を回避してくれる機能です。

これらの機能のうち、③のアクティブレーンキープがアイサイト4で進化した機能となっています。


アイサイトver.4で進化した機能は?

では、アクティブレーンキープ(車線中央維持、車線逸脱抑制)機能のどこが進化したのでしょうか?

アイサイト3のアクティブレーンキープ は、高速道路などで65km/h以上で走行している場合に作動していましたが、アイサイト4では、0~100km/hまでのすべての車速域対応に進化したということです。

これにより、高速道路などで時速10kmとかのノロノロ渋滞運転の時にも、車線をはみ出さないよう車の走行を維持し、カーブでも対応するのでドライバーの負担を大幅に軽減してくれます。

これで高速道路では、車線変更を除いて、自動運転の幅が広がったのではないでしょうか。

さて、確かに、スバルの自動運転システムは進歩していますが、アイサイトはさらに進化し続けます!

アイサイトがver.4になっても、まだ自動運転レベルは「2」の段階です。

自走運転レベル3、レベル4に向けて、アイサイト5も数年後には登場するでしょう。

スバルは、2020年には高速道路を完全自動運転することを目指していて、その時は自動運転レベル3を達成し、さらに進化した「アイサイト5」を搭載するモデルチェンジした新レボーグを投入している可能性が大きいと思われます。

また、その時には軽自動車でも自動運転レベル3が可能となっているかもしれません。
何故なら、台数の多い軽自動車で自動運転が進んでこそ、本当の交通の安全が実現されるからです。

今月下旬のアイサイト4のスペシャルムービー公表が楽しみですね。

【関連記事】
スバルの自動運転レベル2(アイサイトver.4)の技術とは?

自動運転、高速道一部実用化の日本初は日産。スバルと比較すると?

自動運転車の実用化はいつ?政府目標の2020年に公道を走っているか?

自動運転車、マツダの開発状況は?アテンザ、CX-5の搭載技術を見てみる

日産セレナのプロパイロットで事故。自動運転支援機能搭載車で全国初の事故

自動運転で事故った時の賠償責任は誰が負う?

完全自動運転車(レベル4)のデメリットを考えてみる

自動ブレーキを比較、輸入車&国産(日産、スバル)

自動運転、なぜ動く?自動運転車の仕組みや社会への影響がわかる本の紹介




スポンサーリンク


スポンサーリンク

-社会・経済
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

自動運転車の故障時の危険回避プログラム(トロッコ問題)どうする?

自動運転は自動化の段階があり、人間が一切運転に関与しないレベル4では、たぶんAI(人工知能)が総合的に自動車を制御すると思われます。その能力は高度でしょうが、機械であるからには故障や誤作動もありえます …

[所さん!大変ですよ 「世にも奇妙な像の謎」、巨大鬼ママが色っぽい?

『所さん!大変ですよ』(NHK、2月9日)で、鬼ママの巨大像が登場して、ビックリ!「なぜか寺の参拝者が急増!?“世にも奇妙な像”の謎」というタイトルでした。 asahi.comより 一体どうしてこんな …

データサイエンティストを養成する学部を開設する大学が増えている

近年、大きなビジネスチャンスを生むと考えられているビッグデータを解析する「データサイエンティスト」という職業に注目が集まっています。需要が大きく将来性があり、年収も期待できそうです。データサイエンティ …

自動運転、なぜ動く?自動運転車の仕組みや社会への影響がわかる本の紹介

自動運転車の開発が世界中の自動車メーカーやIT企業で進んでいます。2020年頃の近未来には自動運転は部分的に実現しているでしょう。そこで、そもそも、”自動運転って、なぜ動くのか”を知っておくのも、常識 …

日産リーフ、9/6モデルチェンジ!自動運転プロパイロット、航続距離に注目

日産リーフが、9月6日にフルモデルチェンジして公開されます。注目なのは、自動運転機能「プロパイロット」が搭載されること。セレナのものより進化しているとの噂も。他にスタイリング、航続距離も大幅に改良され …