なるほど・ザ・ブログ

色々な面白くてお役に立つ情報を提供します!

政治

トランプ氏とロシアとの密接な関係を示唆する極秘文書が露見

投稿日:2017年1月13日 更新日:

13日の日テレ「ミヤネ屋」で、11日(米国時間)に、米国トランプ次期大統領の選挙後初めて開かれた記者会見について、”不都合!?罵倒トランプ砲のワケ”という特集がありました。




スポンサーリンク


すでにテレビや新聞で報じられている、トランプ大統領の記者会見での出席記者への質問拒否と罵倒ですが、あのトランプ氏の剣幕には、それ相当の裏の事情があったというものでした。

その事情とは、トランプ氏の選挙勝利=新政権誕生に、ロシア政府が関与していたのを示唆する事実や、ロシアのホテルでの不都合な性的行為等を暴露した「極秘文書」が明らかになったということ。

その文書のことを問いただそうとしたCNNやBuzzFeed(バズフィード)の記者に発言権を与えなかったのです。


その極秘文書は、元英国情報当局者を名乗る人物が作成したトランプ氏とロシアとの関係の調査文書ですが、内容として、

・「トランプ氏の名誉を傷つける情報をロシアが持っている」というもので、今後大スキャンダルに発展する可能性も秘めているらしいです。

・さらに、「ロシア政府とトランプ陣営の接触に関する情報が含まれている」というものもあり、大統領選挙戦前から、ロシアとトランプ氏はなんらかの接触があったかもしれないようです。

これは、ロシア政府が、自国に都合がよいようにトランプ氏の大統領選に関与していたことを意味し、とんでもない事が裏の国際世界で行われていたということになりますね。


この極秘文書については、現在のところ真偽は不明で調査も進んではいないようですが、アメリカの情報当局から、トランプ氏、オバマ大統領へは事前に内容を知らされてあるとか。

だからこそ、トランプ氏は会見で、
「フェイク(虚偽)ニュース」「でっち上げ」などと猛反論したのでしょう。

情報当局との連携が上手くいっていれば、このような文書の漏洩は起こりにくいらしいですが、まだ当局をコントロールできていないのでしょう。

このような、スキャンダル問題の他にも、トランプ氏の事業と国益との利益相反問題もあり、はたして無事に大統領就任に漕ぎ着けられるのか、明日はどんなサプライズが飛び出してくるのか、目が離せませんね。




スポンサーリンク

-政治
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

文部科学省の天下り問題、OB嶋貫氏の報酬は生保に月2出勤なのに非常識な高額だった!

文部科学省の天下りあっせん問題は、2月7日に文科省OB嶋貫氏たちの集中審議が行われ、徐々に解明が進みつつあります。その中で、OB嶋貫氏の再就職先の生保会社での驚くべき高額報酬や文科省の天下りシステムの …

8月21日米韓合同軍事演習(UFG)に北朝鮮の挑発=ミサイル発射、核実験あるか?

8月21日から始まった米韓合同軍事演習(UFG)。その内容には、金正恩ら北朝鮮首脳部への斬首作戦も含まれることから、早速北朝鮮(金正恩)は激しく反発している。ミサイル発射や核実験など挑発行動はあるのか …

朝鮮半島有事目前!?、在韓邦人への帰国・退避命令は5月にも?

朝鮮半島有事の危惧が高まっていますね。在韓邦人の帰国命令や退避勧告の計画が日本政府により緊急の課題として検討されているようです。4月25日は北朝鮮の軍の創設記念日にあたり、ミサイル発射や核実験などの挑 …

アメリカの北朝鮮への攻撃はいつ?きっかけ(レッドライン)は?

アメリカの北朝鮮への圧力が日増しに強まり、緊張が限界に達しようとしています。アメリカの北朝鮮攻撃はいつか? 今日4月12日の日テレ「ミヤネ屋」では、”もしも米国が北朝鮮を攻撃したら 緊迫のシュミレーシ …

トランプ氏また爆弾攻撃ツイート、トヨタを名指しで批判!

ドナルド・トランプ氏(アメリカ次期大統領)が、トヨタ自動車がキシコ中部のグアナフアト州にカローラを生産する工場を新設する件に関して、5日のツイッターで、「米国に工場を建てるか、国境で高い税金を払え」と …