なるほど・ザ・ブログ

色々な面白くてお役に立つ情報を提供します!

政治

トランプ氏とロシアとの密接な関係を示唆する極秘文書が露見

投稿日:2017年1月13日 更新日:

13日の日テレ「ミヤネ屋」で、11日(米国時間)に、米国トランプ次期大統領の選挙後初めて開かれた記者会見について、”不都合!?罵倒トランプ砲のワケ”という特集がありました。




スポンサーリンク


すでにテレビや新聞で報じられている、トランプ大統領の記者会見での出席記者への質問拒否と罵倒ですが、あのトランプ氏の剣幕には、それ相当の裏の事情があったというものでした。

その事情とは、トランプ氏の選挙勝利=新政権誕生に、ロシア政府が関与していたのを示唆する事実や、ロシアのホテルでの不都合な性的行為等を暴露した「極秘文書」が明らかになったということ。

その文書のことを問いただそうとしたCNNやBuzzFeed(バズフィード)の記者に発言権を与えなかったのです。


その極秘文書は、元英国情報当局者を名乗る人物が作成したトランプ氏とロシアとの関係の調査文書ですが、内容として、

・「トランプ氏の名誉を傷つける情報をロシアが持っている」というもので、今後大スキャンダルに発展する可能性も秘めているらしいです。

・さらに、「ロシア政府とトランプ陣営の接触に関する情報が含まれている」というものもあり、大統領選挙戦前から、ロシアとトランプ氏はなんらかの接触があったかもしれないようです。

これは、ロシア政府が、自国に都合がよいようにトランプ氏の大統領選に関与していたことを意味し、とんでもない事が裏の国際世界で行われていたということになりますね。


この極秘文書については、現在のところ真偽は不明で調査も進んではいないようですが、アメリカの情報当局から、トランプ氏、オバマ大統領へは事前に内容を知らされてあるとか。

だからこそ、トランプ氏は会見で、
「フェイク(虚偽)ニュース」「でっち上げ」などと猛反論したのでしょう。

情報当局との連携が上手くいっていれば、このような文書の漏洩は起こりにくいらしいですが、まだ当局をコントロールできていないのでしょう。

このような、スキャンダル問題の他にも、トランプ氏の事業と国益との利益相反問題もあり、はたして無事に大統領就任に漕ぎ着けられるのか、明日はどんなサプライズが飛び出してくるのか、目が離せませんね。




スポンサーリンク

-政治
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

米朝戦争開戦はあるか?北朝鮮のグアム攻撃警告の本気度は?

北朝鮮がグアム沖にミサイル発射と警告、緊張がマックスにまで高まっている。アメリカが先制攻撃に出て米朝戦争開戦となるのか?日本上空を飛んで日本への危険度はどうなのか? スポンサーリンク 目次1 米朝開戦 …

北朝鮮が沈黙を破り、次回挑発するのはトランプ訪日時か?

長く沈黙を守る北朝鮮。次回のミサイル発射など挑発に出るのは5日からのトランプ大統領訪日(東アジア歴訪)のタイミングか?それに合わせ、米軍は最近、動きを活発化させており、北朝鮮攻撃の態勢は万端なようだ。 …

詩織と山口敬之氏(元TBS記者)の準強姦事件、またも安倍首相の影?

ジャーナリストの詩織さんが元TBS記者の山口敬之氏に、飲食店で睡眠薬を飲まされたかして性的暴行を受けたと暴露した事件が発覚。大きな話題となっています。この事件の特異なのは、山口氏が、安倍首相と太いパイ …

北朝鮮、ICBMミサイル発射成功、脅威のアメリカどう出る?

北朝鮮がアメリカ独立記念日にプレゼントとして発射したミサイルは、ICBMだったと分かり、アメリカの驚愕と新たな怒りを買っている。北のミサイル開発技術の進歩の速さから、米本土へのICBMによる核攻撃の危 …

クローズアップ現代(8/31)「北朝鮮の内幕、ミサイル発射の行方は」

「クローズアップ現代」(NHK、8月31日放送)で、”北朝鮮・内幕を明かす ミサイル発射の行方は”という特集がありました。8月29日の中距離弾道ミサイル発射の意味や今後の北朝鮮とアメリカの駆け引きの予 …