なるほど・ザ・ブログ

色々な面白くてお役に立つ情報を提供します!

社会・経済

NHKスペシャル「驚異の人工知能 2017 」、羽生善治も脱帽

投稿日:2017年6月25日 更新日:

6月25日のNHKスペシャルは、「驚異の人工知能~天使か悪魔か 2017」という特集でした。近年急速に能力を高度化させている人工知能(AI)の最新情報をレポートする番組です。”羽生善治も脱帽の実力、AIがあなたを評価?、人工知能が国家を運営”という内容でした。




スポンサーリンク

将棋「電王戦 第1局」、AIポナンザに佐藤天彦名人敗れる

将棋の電王戦・第1局で、昨年羽生善治名人を破って勢いのある佐藤天彦名人が、人工知能の将棋AI「ポナンザ」と対局しました。

将棋のAIは、機械学習という機能を備えてからはメキメキと強くなりました。過去5万局の将棋界の対局データを元に自ら学んでいく機能で、自己対戦(AIの中で対局トレーニングをする)では700万局ものトレーニングを積んでいるそうです。

これは人間が行うと、2000年以上もかかるとか。

このような驚異的な情報処理能力で将棋を学習したAIは、対局では人間が思いもつかない独創的な手を次々に打って、佐藤名人を悩ませ、打ち負かしました。

番組解説に当たった羽生名人は、

人間が手やシャベルですくってきたもの(棋譜)を、巨大なブルトーザーですくいあげてしまう感じがした

と、AIの学習能力の高さに感想を漏らしていました。

また、羽生名人は、「AIが将棋の世界に起こしている変化は、やがては現実世界の様々な分野で起こることで、その先取りをしているのだろう」、とも言っていました。

実は、この「ポナンザ」の意表を突く差し手が出てくる過程(計算過程)については、ソフト開発者でも、もはやその理由はわからなくなっているそうです。

AIの情報処理過程は、いわばブラックボックスになってきているのです。

AIは、答えは出すが、その理由は示さないのです。

このブラックボックス化が、よく言われる”人工知能の暴走”という危険性の始まりなのかも知れないな、と見ていて感じましたね。

電王戦の第1局で負けた佐藤名人は、その後、AIが打った将棋に触発され、定石にとらわれない新たな将棋を打つようになり、人間相手ではよい成績で強くなりました。

この佐藤名人の変化を、番組では、”人工知能をうまく利用すれば、人間の能力アップにも活用できる”と番組では解説していました。

しかし、佐藤名人は、後日の電王戦第2局の勝負ではAIに歯が立たず、また負けてしまいました・・・。




スポンサーリンク

タクシー会社がAI活用で客数を増やす

関西地方のあるタクシー会社は、売り上げの減少を挽回するため、街中で客を拾うのに人工知能のシステムを導入しました。

客がいそうなところがカーナビ上に示され、そこへ移動すると客が拾える確率が高くなるという仕組みです。

このAIシステムを入れてから、客数は20%も増えました。新人のドライバーでも、AIの指示どおりに車を動かすと、高い確率で客を拾えるようになっています。

このAIシステムは、ドコモが開発しました。ドコモが長年手がけてきた位置情報データとタクシー会社の乗降データを掛け合わせて作られています。

今後は、利用客がいるエリアを表示する予測精度は、95%まで上がると見込んでいるそうです。

しかし、人工知能AIは、自動運転技術でも中心的な役割を担っており、やがては完全自動運転車が登場するのも時間の問題と考えられています。

ですから、皮肉にもAIの進化により、やがてタクシー運転手は消えてなくなる運命にあるといえるかもしれません。


各業界での人工知能活用状況

人工知能は、将棋やタクシー以外にも、多くの分野で進出が進んでいます。

番組では、金融、裁判の判決(アメリカ)、企業の離職者の予測、韓国でのAI政治家による国家運営の研究、などが紹介されていました。

人工知能は、便利さをもたらすと同時に、暴走や過ちの可能性、人間の人生を左右する場面では過ちと共にその判断のドライさ、などが懸念されています。

いろいろ問題点はあるかもしれませんが、人工知能の進化は止まりません。

今回のNHKスペシャルを見て思ったのは、絶対に、人工知能に自立機能を与えてはならないということです。

そのスイッチを切る機能をしっかりと人間が握っていることが、安心な未来を築くうえでかかせないでしょうね。

PS.
人工知能の開発・研究には、高速な計算ができるスーパーコンピュータの存在が欠かせませんが、最近では従来のコンピュータの計算能力を飛躍的に高めた次世代型のコンピュータが登場してきています。

それは、『量子コンピューター』というものです。

その計算速度は、現在の通常のコンピュータの、何と、1億倍!

そのケタはずれの計算能力に、”コンピュータ革命”とも言われています。

この量子コンピュータは、次世代といいながら、すでにNASA(米航空宇宙局)やグーグルが導入をしています。グーグルは、まさに人工知能の研究に使用する計画だということです。

ただでさえ、人工知能の進化は凄まじいのに、そこに量子コンピュータを使ったら、数年後には一体AI(人工知能)はどんな能力をもつようになるのでしょうね?

ちょっと空恐ろしい気もします・・・。

【関連記事】
人工知能の進歩で将来、人間の仕事が奪われる?

NHKスペシャル、長周期パルスの衝撃 / 都市直下地震、新たな脅威

NHKスペシャル「藤井聡太、秘蔵映像で迫る素顔」(7/8)、強さの秘密を解明!

NHKスペシャル、スーパー台風日本にも、異常気象・予測不能の恐怖

NHKスペシャル、スクープ「沖縄と核」沖縄に核ミサイルの基地があった

NHKスペシャル、血圧サージが危ない!血圧急変動で脳卒中、心臓病、認知症に

NHKスペシャル「人体」、寿命を決めるのは腎臓だった=長寿のカギ

NHKスペシャル「人体」、脂肪と筋肉が命を守る/糖尿病・メタボ撃退!




スポンサーリンク


スポンサーリンク

-社会・経済
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

自動運転で事故った時の賠償責任は誰が負う?

自動運転の車は、着実に開発が進んでいて、すでに日産はレベル2段階の市販車「セレナ」を投入しています。やがては、スバルもアイサイト4で追随するでしょう。しかし、自動運転での事故の時の責任の問題はどうなる …

銀行カードローンの審査、大手行以外はまだゆるいが厳しくなりそう

銀行カードローンは、消費者金融などの貸し金業者と違い、改正貸金業法の対象外なので、審査もゆるく、お金を借りやすかったですが、ここ1,2ヶ月(2017年4月5月)で大手メガバンクのカードローンのゆるい審 …

高齢者のアクセル・ブレーキ踏み間違い事故は何故起こる?防止対策は?

連日のように報道される高齢者の自動車運転事故。主な原因はアクセル・ブレーキペダルの踏み間違いです。高齢者のアクセル踏み間違いは何故起こるのか?その防止対策はあるのか? スポンサーリンク 目次1 高齢者 …

地球が氷河期に入る説が話題!日本はどうなる?

”地球は2030年にミニ氷河期に入る、確率は97%”という記事が某週刊誌に載り話題になっているようです。本当なら日本はどうなるのか、心配です。地球が氷河期に入るのは太陽の活動が弱っているから、というの …

自動運転、高速道一部実用化の日本初は日産。スバルと比較すると?

自動運転車の実用化開発競争が、世界で激化していますが、日本のメーカーでも、2020年頃の完全実用化を目指し、各社開発を急いでいます。車の完全自動運転の実用化に必要な機能は多岐に渡りますが、日本の道路交 …